Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ 最強の……
    Posted on 25.2012
    小説です。



    今回はホミンをお送りします。


    Mなのに、左。
    Sなのに右。



    少し控えめなエロですが、苦手方はご遠慮ください。




    カテゴリーはR18にしてます。



    では、どうぞ。









    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング


    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ












    「ふぅ~~、チャンミン家についたよ。」



    「う、う~……ん。」





    僕の肩に手を回しぐったりとしている様は、いつもの彼ならあり得ない珍しい姿だった。





    今日はツアーの打ち上げがあり、明日は午後からの仕事ということでマネージャーからアルコールのOKがでた。


    僕はあまり飲めないからほどほどにしておいたが、
    最近ビールの味を覚えた我らがマンネは、めずらしく飛ばしすぎたらしい。



    彼なりに様々なストレスをため込んでいたのかもしれない。



    呂律があやしくなり、目がすわってきたところでお開きとなった。



    まだ飲み足りない、という末っ子をなだめつつ車に押し込んだが、

    発進するやいなや、寝息を立て始めた。




    マネージャーに玄関まで車をつけてもらい、後は自分がどうにかする、という旨を伝え別れた。


    自分より少し大きい体をなんとかベッドまで運び、寝かせた。







    身長こそ僕より高いが、最近はツアーの最中に映画の撮影とハードなスケジュールをこなしていたせいか、
    無駄な肉が落ち、細くなったようだ。





    アルコールで紅く染まった頬をすっと撫でる。




    いつもしっかり自我を保っている彼がこうも酔いつぶれるのは珍しかった。



    よほど、疲労やプレッシャーがあったのだろう。


    そう思うと痩せた体が余計に小さく、か弱く見えた。



    リーダーであり、ヒョンである僕がチャンミンを支えていかなければ。






    布団の中に手を忍ばせ、しっかりとチャンミンの手を握った。



    -----------これからも、ずっとずっと、僕を頼ってほしいよ、






    そんな思いがこみ上げた。






    繋いだ手がピクっと動き、




    「ユノ……ヒョン……」




    僕を呼ぶ。


    寝言だろうか。


    なんだか妙にうれしかった。







    ふと見ると、着ているブラウスが首元まで締まっていて苦しそうだ。


    ボタンを胸のあたりまで外しくつろげた。





    綺麗な隙間に思わずドキッとした。






    「な、なんでどきどきしてるんだろ……。裸なんていつもみてるじゃん。それに撮影とかでもみるし、そもそも作りは自分と同じなんだし……。」





    自問自答の繰り返しになんだか自分で照れた。










    更に2,3個ボタンをはずすといよいよ胸板があらわになる。






    こんなに痩せているのに、しっかりと筋肉がついておりバランスがとれている。


    男の僕でも見とれる身体だった。





    僕はいつも自分がされているように胸を優しくなでながら、すべてボタンをはずした。





    全体を愛撫しながらも、中心は少し強めに刺激を与える。







    「う~…ん」

    彼が起きることはなく、安らかな寝息が半開きの口から洩れ続けている。






    そして、右側の頂上から色の変わるエリアを指でコロコロと転がしならつまみあげる。



    徐々に芯が出来ていく過程を楽しんだ。




    そうしながら、今度は左の粒をピンポイントで舐めあげた。





    何度か舌で往復するうちにピンクに染まり立ち上がった。







    ちゅぅっと乳輪ごと吸い上げると、





    「ぅん……」





    チャンミンがうっすらと目を開け、こちらを見た。




    酔いでとろけた、瞳。

    浅く洩れる、息。





    はだけた胸の上でかわいく主張する、二つの粒。







    僕が欲情を抑えられなくなるには、十分だった。





    「チャンミン……」








    名前を呼びつつ、覆いかぶさり唇を重ねた。




    反応は薄かったが、気にせず歯列を舐め舌を吸った。





    角度を変えながら唾液を絡ませれば、チャンミンも僅かながら応えてくれる。



    舌を僕の口内に差し入れ愛撫を待つかのように僕の舌の先端をくすぐった。


    食むように、それを唇で迎えた。



    「ふぅ……んぅ。」



    上手に息継ぎができないのか苦しそうに眉根を寄せている。







    唇を離すと、酸素を求めて大きく息をついている。




    その間に僕は、布団を剥ぎはいていたジーパンの上からその中心を回すようになであげた。




    チャンミンの腰がうねるように動く。



    ベルトをはずし、ジーパンと下着を一気脱がせる。




    そこはすっかり勃ちあがって、その存在を主張している。




    「ヒョン……舐めて。」




    やや上ずった声で言われれば、




    「うん……。」







    両手で包み一気に根元まで口に含んだ。



    「うぅん……。」





    喉の奥に突く感じが苦しくも気持ちいい。




    唇を緩やかに上下させ、歯で傷つけぬようゆっくり吸引する。



    「あぁ……。いいよ。」





    根元から裏筋をつっと舐めあげれば、先端からはじわじわとあふれ出るものがある。



    双果を手のひらで包みもみしだき、蜜を味わいながらくびれ部分を強めに咥える。




    同時に指の腹でぐにぐにと入口をほぐしていく。



    ローションをたっぷりと指に絡ませ、中指を振動をつけながら入れた。



    「…んっ……、ふぅ……」
    チャンミンの鼻から抜けるような声。




    「ヒョン……、ユノヒョン……」





    「ん?痛かった?」





    「挿れて。」





    「もう少し、慣らさないと。」





    「いい。今すぐ欲しい。」







    「……わかった。」


    言うのももどかしくベルトを外し、ジーパンを脱いだ。




    下着から完全に膨張しきったものを取り出し、先ほど中指で慣らしただけのまだ締まりきった入口にもう一度ローションを塗りこめ、先端からゆっくり侵入した。




    「あぁ……、ヒョン。」





    「チャンミン、力抜いて。」


    ゆるゆると腰を動かしながらなんとか根元までおさまった。




    切れてもいないようだ。





    けれど、圧迫感がすごくてなかなか動けない。


    しまりがすごく、根元から切り落とされそうだ。




    「チャンミン、足あげるよ。」




    チャンミンの左足を自分の肩に乗せ大きく開脚させた。


    右手でそそり立ったものをゆるめにしごく。




    「んんっあ、あ。」



    泣き声とともに、内壁が切なげにうねりだした。




    「ぅああ………。ねぇヒョン……僕のなっ、中どうです……?」




    「ん……熱くて、いやらしく動いてて、気持ちいい。」







    「もう、動くよ?」



    いうが早いか一度腰を引き、体重をかけながら深く突き上げた。





    「ああああぁぁ!!!」






    繋がってるところから湿った音が聞こえてくる。





    激しさを物語るような、肌のぶつかる音。





    「あぁっ、あ、ああ、あっ、……あああっ」





    僕の動きに合わせるように、チャンミンは泣き続けた。





    「ヒョン……っああぁ、ああん」






    「チャンミン、一度抜くよ。」





    ずるっ、膨張したままのものを引き抜くと、名残惜しそうに紅くなったそこがヒクヒクと痙攣していた。







    そして、チャンミンの体をひっくり返し、今度は後ろから一気に貫いた。





    「っっ!!!あああああぁぁんん…!!」





    今度は十分に濡れていて、僕を招き入れるようにはいっていった。


    しなるような細い腰をしっかりと、つかむ。







    「チャンミン、奥まで届いてるよ。」




    前から攻めたてるのとは違い、感じるスポットによく当たる。



    「ああんっああ………うぅんん、っいい…。そこ…!」


    ぎゅっっとシーツをつかみ、波のように押し寄せる快感に耐えているようだ。



    綺麗な顔を涙とよだれでぐちゃぐちゃにしながら、歓喜の声をあげた。





    スポットに当たるたびきゅうきゅうと自己主張をはじめ、僕を追い詰めていく。



    腰を打ち付けるたびにぷるぷると泣いている、今にも弾けそうなものをつかみ先端に指を食い込ませながら、強めにしごきあげた。





    「あっあっ……イィ……もう、ヒョン、ヒョン、ダ、ダメ!!!い、一緒にイこっ……」




    「うん……、僕っ…も、もうイキそう。中に出してもいい?」




    いいながら、さらに激しく腰を打ち付けた。





    「いぃよ……!!あぁぁ……、イク、!!イクぅ!!んあああぁぁっっ!!」






    「チャンミン……!!うぁっ…」




    持って行かれるように、欲望を放出した。




    チャンミンもまた、散らすように白い液体をしたたらせていた。









    ********









    自分の腕を枕にして僕の横で寝ている彼が、くりくりした瞳で見上げながら、



    「すっかり酔いがさめました。」


    と、言った。



    「結構飲んだのにね。チャンミンはやっぱりお酒つよいな~。」




    「ヒョンがあんまり激しくするから……。」




    「やっぱり痛かった?ごめん。」



    自分の欲望に身をまかせてしまったことに今更ながら反省する。



    だってチャンミンの中があんまりよかったから……。




    そんな思いを知ってか知らずか、

    「ふふっ違いますよ。してほしかったのは僕ですし。それにヒョンが動いてる時の切なげな表情とか、イク時に辛そうに口をあけてるところとか見てるのが好きなんです。僕を必死に求めてくれてるみたいで……」




    「そ、そんなの言葉に出して言うなよ。恥ずかしいじゃん……。っていうか僕そんなに観察されてる?」





    僕はいつも最中は余裕がないけど、チャンミンもそうだと思っていた。




    「当たり前です。僕を誰だと思ってるんですか?」











    悪魔のように可愛い笑顔が、最強だ。








    END












    あとがき。



    書く途中で思ったのが、


    やっぱり自分はミンホ派だな。

    ということでした。



    そもそも、泣かされているチャンミンが想像できない。(じゃなぜ書く?)


    なので、文章に行き詰りそうな時は、
    無題4



    呪文のどやどやしい彼と、





    誘拐したいNO1の称号を持つ
    無題3



    HUG前後の彼を思い浮かべながら書きました。


    結果あまり解決につながりませんでしたがwww



    ユノには受け受けしくいてほしいと気が付いた日曜日(笑)




    また加筆修正を繰り返すと思いますので、よかったらのぞいてくださいね。
















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ








    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
    2012年03月25日(日)  00:30 by ai
     ✤ Comment






     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/11-f179a6ac

     ✤  BLOG TOP  ✤