Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ スパイス
    Posted on 31.2012
    小説です。


    ミンホです。


    ユノ君が積極的になってます。
    でもMですwww


    カテゴリーはR18してますので、
    苦手な方はお気を付けください。





    閲覧は自己責任でお願いします。


    では、どうぞ















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング


    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ




















    宿舎のリビングには、いつもと違う空気が流れていた。




    下着一枚になったヒョンが一人掛けのソファに僕を座らせ、
    こちらを向いて僕の膝の上に跨ぐようにして座っている。



    「ヒョン……?ユノヒョン?どうしたんです?」



    「べ、別に。」






    嘘が下手。






    だが、何かあったらしいのは間違いない。
    見当もつかないけど。
    確かにここ数日ヒョンの様子は少しいつもと違った。







    記憶をたどると、違和感を感じ始めたのは……


    MISSHAのCM撮影を行い、タイから帰国した後からだ。




    なんだか落ち着きがないし、なんとなく僕の様子をうかがうようだし。


    だからといって機嫌が悪いとかそういうわけでもなさそうだったのであえて追及もしなかった。






    そんなことを考えている間にヒョンの手は僕のベルトに手が伸びていた。






    ガチャガチャ、とバックルをはずす音が聞こえる。






    ……なんだされるがままで僕らしくない。







    ジーパンのボタンをはずそうとしている手を掴み、



    「最近のヒョン、なんか変です。」





    「……僕、いつも通りだよ。」





    そういって目線を落とした。






    だから、嘘が下手。


    そもそもヒョンがこんなに積極的に仕掛けてくることなんてまず、ない。





    でも……



    ----------ヒョンがその気になってるんだからこのチャンスを逃すのももったいないなぁ。
     今日はヒョンに頑張ってもらう日、とういうのも悪くなない。






    その考えに至るやいなや、僕は急に抵抗の意志を失くした。




    「ヒョン、そっちより先にここにほしいな。」




    いいながら、自分の人指し指を唇に押し当てそれをヒョンの唇に当てた。




    目を閉じ、口を開けてそれを迎え入れる。
    歯で甘噛みを繰り返しながら、ふと、上目で僕を見る。


    目が合う次の瞬間、かみつくようにキスをした。




    僕は舌をヒョンの口内に差しだした。

    それを包み込むように激しく愛撫してくれる。



    僕の首にしっかりと回された両捥が、力強かった。



    代わりに僕は、ヒョンの髪に手を差し入れより角度をつけやすくした。



    「んんぅ……ふぅ。」




    「ぁっはぁ……」




    唾液が絡まり合う音が妙に頭に響いた。




    ヒョンは自分の高ぶりを伝えようとするように、僕に腰を押し付けてくる。
    下着に包まれた中心はもうその存在を主張し、先走りの蜜でそこだけ色が違った。




    そのしぐさが愛おしくて、扇情的で興奮した。



    一度唇をはなし、僕は着ていた服を脱いだ。



    僕の胸元に手をやりながら、



    「チャンミン……痩せた?」




    「……ん少し。ヒョンの胸を相変わらず……」



    いいながら、胸全体を手のひらで包む。



    「柔かいです。」





    「んん……。」






    まだ触ってないのに、その粒は立ち上がり自己主張をしていた。


    爪で弾くと、更に膨らむようだ。



    指で摘み、ぐにぐにと刺激を与えると、さらに硬さが増した。







    下着の上から興奮にたぎったそこを手のひらで包み込むと、
    僕の首に腕を回していた腕をさらにきつく抱きしめ、もっと触ってほしそうに押し付けてくる。






    「ヒョン、下も脱がせて」





    お願いすると、





    一度中断したジーパンのボタンが外され、下着ごとはがれた。





    興奮しきったそこを見るなり、ヒョンも全てを脱ぎ捨てた。





    そそり勃ったもの同士激しくこすり合わせるようにしながら、また息も出来ないほどキスをした。





    「ん、はぁ……あぁぁ………んん」





    「ん、ユノヒョン……。」







    先端からはもはやどちらのものとわからない、快感の先走りがだらだらとあふれ出ている。







    それだけでイってしまいそうなほど、気持ちよかった。






    「チャンミン……、チャンミン……。」





    「ん?なんです?」






    「はぁああ…、ねぇもう、は、早く……」





    「早く……なんです?」







    「ほ、欲しい……」







    「何を?」



    少しS心をのぞかせながら問えば、





    「んぅ……、そんないじわるしないで。」








    「ヒョンが、かわいくおねだりしてくれたらあげます。」







    「…………、いじわる。」





    羞恥と抵抗を見せたが、結局欲求に負けて、





    「あのね……い、挿れてほしい。チャンミンのコレ……。」



    そういってさっきより角度が増しているものを、
    同じく膨張した僕のものにこすりつけてきた。




    その仕草にくらくらしながらも、





    「……よくできました。いいですよ。存分にあげます。」





    ヒョンの腰を持ち上げて浮かせ、慣らすのもほどほどに秘肛にゆっくり差し入れた。


    「はぁぁ……んんぁ」



    欲しかったものを与えられた充足感に満ちた表情がヒョンの顔を覆った。



    最初の快感に眉根をよせて耐えている。



    ズズっと根元まで入れば、少しのけぞりながら浅く吐息を吐く。





    「はぁ…はぁ…はぁ」





    「ユノヒョン…ん…、動いていい?」





    「あぁ……、う、うん、早く頂戴……」




    聞くが早いか、ぐっと腰を突き上げれば、



    「ああぁん!!」






    裏返りそうな可愛い声でヒョンはなく。









    数度突き上げた後、このままイッしまうのがもったいなく感じた。



    もっと永く永く繋がっていたい。




    この瞬間だけは、誰のものでもなく僕のものだ、と



    主張していいような幻想に襲われる。







    動くのやめてしまった僕に焦れ、きゅうきゅうとそこを締めて催促する。




    「ん……、ヒョンそんなに締めないで。」





    「はぁ…あぁだって……」




    「だって……なんです?」




    「あぁ…ん、こうしてる時はチャンミンは僕のだよね?」





    「え?」



    あまりにシンクロしすぎる回答に一瞬、快感がふっとんだ。





    「どいうことです?」






    「だって、この前のCM撮影でタイに行ったとき、チャンミン女の人ばっかり見てるんだもん。」




    「それ見たら……、あぁやっぱりチャンミンも健全な男なんだぁ、と思ったらなんだか……」

















    「なんだか、寂しくて。」














    やっと探し当てた言葉は、僕を喜ばせるには十分だった。




    「ヒョン、それって妬いてたって事?」





    「え、えーと…………うん。」






    胸の奥から次から次へ愛しさがあふれてくる。




    喜びに、繋がっていたことすら忘れそうだった。










    「……ヒョン、一回抜きますよ。」








    ずる、っと引き抜くと僕はソファから立ち上がり、





    「んぁ……」





    「ここ手、ついて。」



    僕はさっきまで自分が座っていたソファに手をつかせ、


    ヒョンの背後にまわり、こちらにお尻を突き出させる格好にさせた。







    「ユノヒョン。僕はあなた以外の誰のものでもありません。だから、あなたも僕以外の誰のものでもない……!」




    いいながら、深く刺し貫いた。




    「……んぁ!!!っはぁっ!!」




    「ヒョン……、ユノヒョン……!!」




    本当はゆっくり味わって気持ちよくさせてあげたかったけど、


    そんな余裕、今の僕にはなかった。





    だって、そんな殺し文句いわれたら、




    落ちるしかない。







    迫り来る快感の全てをそのひと突きひと突きに込め、僕らは同時に達した。









    ****************************








    「はぁ……はぁ……。」





    駆け上がるなような快感をやりすごしつつ、





    「ヒョン……、大好き。」





    素直に口に出せば。




    「はぁぁ……はぁ…、うん、僕も……大好き。」




    まだ少し余裕のなさそうな応えが返ってくる。









    ……確かに女の子と撮影ができてテンションが上がっていたのは間違いないが、
    まさかこんなことで妬いてくれるなんて。




    やきもちも分量を間違わなければよいスパイスになるな。

    まんねりした時に使おう。






    「ヒョン、汗かいたから一緒にシャワーあびましょ。」


    「うん。」







    ま、そんなスパイス使わなくても僕たちは大丈夫ですけどね。











    END
















    あとがき。





    MISSHAのCMの撮影時に、


    チャミ様の機嫌がいい。
    きっと水着のギャルがいっぱいだからだ!




    とゆーツイよくを見かけました。







    んで、思いついたこの話。








    今後も加筆修正繰り返すと思いますので、
    またのぞいてみてくださいね。













    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ









    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
    2012年03月31日(土)  23:10 by ai
     ✤ Comment






     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/15-ba1b0211

     ✤  BLOG TOP  ✤