Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ Vampire~後編~
    Posted on 31.2013
    小説です。


    ミンホです。


    以前あげたお話の続きです。


    前回はこちら↓
    Vampire~前編~






    ここ最近野王にハマってというか…ドフンにハマって大変です(笑)

    ドラマなんて普段全く見ないのに、やっぱユノに会いたくて見てしまいます。



    が。



    ご覧になった方はわかると思いますが、

    主人公の女は最低だし美人じゃないし(←何様)、その周りの人たちは巻き込まれて悲惨だし、

    肝心のユノもおバカすぎて見てられません(^^;



    女がひとつ行動を起こすたびに誰かが不幸になったり、よくない道に進んでるのを

    見させられるドラマで…まぁユノ出てなかったら見てないかも(笑)


    正直見ドラマ始まる前は”あ~またもやもやするのか~。”とか少し憂鬱になってて、

    なら見るなって話しなんですが結局見ちゃうってことはやっぱりハマってるんでしょうね。



    火曜日の月光プリンスのチャンミンがかなりの癒しになってます♥

    なにが美味しいかって、下ネタ解禁のチャミと


    手枷\(^^)/


    o0480072012396944434.jpg


    異様に目に入るお股\(^^)/

    o0480072012396944236.jpg


    そして安定のすまいる\(^^)/

    o0540081112396770200.jpg

    これは初回放送かな。
    o0570085712388385157.jpg



    野王で暗くなった気持ちをチャミのこの笑顔とおいしいシチュが癒してくれます♥

    手枷ネタも近々書きたいな~と。







    最後に5話と6話のドフンキャプを
    2326565653232.png

    バスローブやらし(*´д`*)アハァ

    235656532323.png

    ぱんつ履かないでお股開いてヽ(*´∀`)ノ (←パボ)

    16356323313.png




    9895656565.png

    523235656323232.png

    78989898.png

    5454151214545.png


    くるくると表情が変わってほんと弟!って感じです♥

    実にどM臭がして私ごのみ…ハァハァ。



    髪型もトイプードルぽくて個人的にはかなりツボだったんですけど、

    あんまり評判よくないみたいですね…(^^;



    明日からはドームツアーのaチケとセブンの先行が始まります!

    またドキドキの日々が続くのか…(^^;







    さて、小説をどうぞ。


    今回はがっつりエロなのでくれぐれも、

    閲覧自己責任

    でお願いします。



    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ














    変わらず、彼の首元にぶら下がるクロスは僕のことを縛める。


    でも、僕を開いていくのはその恐怖心だけではないことに自分で気づき始めている。


    ただ認めたくないだけ。


    本当は身体が気持ちよく蕩け出しているのを。








    「あ…ッ、ん…。」


    執拗に愛撫を受ける胸は、淡く桜色に染まっている。


    「こんなになって、よく気持ちよくないなんて言えますね?」


    責めるような、嘲るような言い方に、

    怒るどころか恥ずかしくて余計に感じてしまう。




    しつこく胸ばかりを触る手はゆっくりと下へ向かい、ベルトのバックルへと伸びた。



    ガチャガチャと金属音が聞こえるのを少し悦んでいる自分が嫌だ。



    ズボンを下着ごと剥かれると、勃ちあがる性器が勢いよく飛び出した。


    「ひ…ぁ…!」


    冷っと感じる外気にゾクっと体を震わせると、次の瞬間には生暖かい口内に包み込まれていた。



    「ん…はぁ…ッ!」



    唾液を塗り込めながらゆっくり、ゆっくり顔を上下に動かす。

    無意識に僕の右手はその短い髪を掴んでいた。

    数度吸引されてから唇を離し、舌で根元から裏筋を舐め上げられる。


    「んん~…。」



    先端の切れ込みにできた蜜の粒をちゅっと味わい、そのまま舌をねじ込まれる。



    「あ…っ…はぁ…」



    「ここ、舐められるの好きですか?」


    質問には答えず、眉根を寄せて喉をならす。


    それを肯定と取ったのかぐりぐりと攻める。



    そして今度は幹をしごきながら根元に成る袋を口に含まれた。


    口内で転がされたあと、手の平でさらに揉まれると

    くすぐったいような、気持ちいいような感覚がふわふわと下半身に広がった。

    もう一度大きく咥えられると、自然に喉の奥まで突く仕草をしていた。

    「ん…、」


    苦しそうな声に

    「あ、ごめん…。」


    もう一度頭を撫でる。


    「いいですよ、好きなように動いて」




    再び、頬をすぼめて口の中ををかき回す。

    喉の奥で締めつけを味わうとこんなに気持いいのかと今更気づいた。





    気づけば頭は欲望でいっぱいになっていた。








    「体、向こうむけて。」


    そう促されて、体を反転させられた。

    手を壁にあて、お尻を突き出す格好になる。


    唾液で濡らした指をつぷっと挿入される。



    「ふッ…。」



    中で指をうごめかせて奥にある弱いしこりを刺激する。


    「ひ…ぃあ…ッ!あぁ、そこ…ダメぇ…ッ!!」



    「ダメじゃないです。」



    「う…でも、怖い。」



    「何が、怖い?」



    「わかんないけど、なんか怖い…。」

    ギュッと目をつむり、小さく訴える。



    細いのにとてつもなく大きく存在を感じる指は容赦もなく数を増やして中をかき混ぜた。


    その度ぎゅうぎゅう締め付けて食い尽くす。

    「気持ちよくないっていいながら、ほんとは欲しいんですよね…。」




    「……………………………。」





    くすくすと笑われたが、正直欲しくてたまらなくなってる体に気づいてる僕は

    何も言わずにその時を待った。


    「急におとなしくなりましたね?」



    「……………。」


    「あんまり慣らしてないからこのまま挿れたら、あなたが辛いかも。」



    「いい…。」



    「え?」




    「……………。」




    「何ですか?」




    「…何もない。」



    絶対わかっているクセにクスッと笑い、

    僕の中心で大きく反り返る欲望をしごきだした。


    「うあ…ぁぁ…んん…」


    丸みの密を塗り込めながら、ぐりぐりと先端の切れ込みに指を食い込ませる。

    「い…はぁ……」


    膝がガクガクと震えて今にも崩れ落ちそうなのを、

    華奢なのにたくましい腕が支えてくれる。


    「少し自分で支えててください。」


    言われるがままなんとか手に力をいれて体を保つ。


    背後に聞こえるのは、バックルをはずす音。


    「はぁ…はぁ…」

    その音にも興奮して、顔がどんどん火照ってくる。




    そして、後ろの肛にくちゅっと先端をあてがわれたのがわかった。

    貫かれるのを想像したが、なかなかその瞬間はやってこない。


    「ん…?」


    自分のをシゴきながら、つぼみをこすりあげるだけで、

    なかなか、奥へと入ってこない。


    ヒクヒクと入口が待ちわびている。

    「ふ…ぅ…んん…。」


    喉をならして催促する。


    「どうしました?」


    やけに冷静な声。




    -----------認めたくない。






    「……っ。」


    まだ中に挿れないまま、首筋に唇を感じた。


    湿っぽい感触と熱い吐息に体が震える。


    ボタンを引きちぎられたシャツを襟首からぐっと背中の方に引っ張られ、

    肩まで顕になった。



    首筋に張り付く熱い粘膜はゆっくりと肩まで降りてきてきつく吸い付く。


    でもやっぱり後ろに感じる欲望は僕の中に入ってくる様子はない。


    「…僕の中に挿れたくないの?」


    「ふふ、それって早く欲しいってことですか?」


    「…違っ!」




    -----------認めたくない、でも。





    「何が違うんです?ここ…すごく吸い付いてくる。」


    言って、潤む先端で入口のひだをこすりあげる。


    「ふぅ…んん…。」






    ---------認めたくない、けどその通りだった。







    もう我慢の限界。


    「も……、ん…。」


    「もう?」


    「欲しいです…。」



    「何を?」


    「っ!」


    ここまで言ってるのに、これ以上に何を要求する?



    でも正直に言わないとほんとにこのままで終わりそうで、


    「これ…」





    後ろに手を回し、血管の浮き出る凶器をつかみ自分で自分の中に誘った。


    その動作に合わせるようにグっと腰を使い深く差し貫かれる。


    「はぁ…あっあっあっあ……んんんぅ…………!!!!!」


    待ちわびた充足感にイったかと思ったが、なんとか持ちこたえた。



    「ん…はぁ…っ、あなたもいやらしい人…っですね。」


    吐息の混じったちょっと苦しそうなセリフに満足しながらも、

    否定できない僕は黙って内壁を締め付けた。




    「ん…。嫌って言ってた割には積極的…。」



    甘い声に全てを委ねて、抽挿を受ける。



    「あッあ…んッ」


    根本まで咥えさせられて、ぎりぎりまで抜かれる。


    そして、またずぶずぶと埋め込まれる。



    へそにつきそうなほどそそり勃つそれは、だらだらと蜜をこぼし、

    挿れられたばかりだというのに大きく張り詰めている。


    「んァッ!……は…ぁぁ…。」


    そんな僕の体の状態を知りながら容赦なく凶器が僕を攻める。


    肌のぶつかる音と抜けては差し込む快感がリンクして、頭が真っ白。



    「ぃああ…!……ッイきそう…。」

    腰の奥から確実に絶頂の予感が近づいてくる。



    もう数回突かれたら果ててしまう。



    「まだ、ダメです。」

    そう言って、ぎゅっと根元を絞められた。


    「あ、や…っ」


    「嫌じゃないです、まだ頑張って僕を気持ちよくしてください。」



    そんなこと言われてももう体はいうことをきかない。


    目の前の欲望に翻弄されて、イクことばかり考えてしまう。


    そんな僕に容赦なく腰を打ち付ける。


    「は…ぁ……あああん。……ふぅ…ぅ…。」



    中の襞で感じる彼自身もさっきより大きくなったよう。

    背中に落とす唇から漏れる吐息が、熱くて情熱的でたまらない。

    時々、舌を這わせて皮膚を舐められるとダイレクトに性器とつながって切なくなる。




    「はぁ…いい……です。」



    「え…?」



    「あなたの中が良すぎて…たまらない…っ」



    自分は犯されているはずなのに、喜びを感じていた。



    「僕も…いい……。」




    正直な気持ちを伝えるとせき止めていた感情が一気に溢れ出た。



    「あ…、もっともっと欲しい。」


    気づくとうわごとのように口走っていた。


    「はい…、も…ぉ、全部あげます。」


    最高の瞬間に向かって、更に腰の動きが加速した。


    「あああ!!あ…っあ…っあ…っ!!」


    身体と頭がバラバラになりそう。



    「も、イク…イク…ぅ!!」


    「はぁ…、僕も、も…出ますっ。」


    「あ…あ…あ…ああぁ…や…ぁあああ!!!」



    戒めを解かれた瞬間、永い禁欲から解かれたようなオーガズムがおとずれた。



    それは性器から一気に脳天まで駆け上がり、全ての思考を止めた。




    心臓がどくどくと脈打っている。


    いくら溢れても止まらない射出に怖くなりながら、魚のようにはねる性器を見ていた。



    「う…締めすぎ…。」


    強めの快感で後肛が起こした強烈な収縮で

    中に収まる欲望を根本から切り落とすほどに締め付けた。



    内壁に叩きつける熱い液体にのどを仰け反らせて震える。



    もう、死んでしまいそう………。


















    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



    ガクっと膝から崩れ落ち、大きく肩で息をついて早鐘を打つ心臓を落ち着ける。


    ヒクつく孔からツっと太ももをしたたる体液に、また声が漏れる。



    「……大丈夫です?」

    そっと耳元で心配される。




    「うん…。ねぇ?」




    「はい?」




    ---------また、僕のこと招いてくれる?





    驚くような表情のあと、


    「ん…。」


    肯定するように、僕の唇にキスをした。












    END


















    あとがき。




    後半バンパイア関係ない\(^^)/

    わかってるんですけどいいんです、ただがエロ書きたいだからww


    書きながら、その後を想像しながら書いても楽しいかなと思いました。

    ”その後”書くの好きなんです(笑)


    他人だったユノバンパイアとチャミが普通の恋人になっていくのとか妄想したら

    楽しくなりました~♥



    そして、TIMEツアーではまたまたいろんな萌え伝説が残るかと思うと、今から楽しみです!




    最近ホミン見てないっていうお言葉も頂いてるんで、

    そのあたりをお話にできればと思いつつ……。



    気づけば1月最後の更新になりました。



    仕事もひと段落つき、気持ちにも余裕が出てきたので

    小説、キャプを含めたくさん更新できるよう頑張ります。




    このお話もまた加筆修正加えると思うので、

    遊びに来て頂ければと思います(*゚▽゚*)♫























    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ



    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(9)  ✤  trackbacks(0)
    2013年01月31日(木)  00:29 by ai
     ✤ Comment






    638:
    aiさん、あんにょーん!!

    今回の小説も本当に本当に本当に最高でしたw^^
    もう、ドMゆのマンセーです←
    最後のセリフも何故かドM臭がするんですよね~笑
    私だけでしょうか?(笑)


    TIMEツアー本当に楽しみです!!
    今回はどんなギャグを披露してくれるのかっていうのも楽しみなんですけど、
    初めてなので、会えるってだけがもう本当に楽しみで仕方ないですw

    でも、正月太りがヤバいのでw
    それまでダイエット生活です笑
    頑張らないとー!!w


    R-know ✤  2013/01/31 19:57 ✤  [編集]
    640:
    やっぱりaiさんの書く小説は最高ですね~(*^^*)いろんなブログを見ても、やっぱりここに戻ってきちゃいます!aiさんの雑談も大好きなので時間のある時更新してくださったら嬉しいです♪
    レイナ ✤  2013/02/01 01:07 ✤  [編集]
    645:Re: こんばんは!
    > 鍵コメK様
    コメントありがとうございます(*´∀`*)♫
    お返事遅れてすみません(´;ω;`)

    きっとチャミなら毎日招きますよね♥
    嫌々いいながら、結局チャミにハマるのを
    にやにやしながら書きました(笑)
    ai ✤  2013/02/03 11:32 ✤  [編集]
    646:Re: ユノが可愛い~vv
    >鍵コメM様
    コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ♫
    お返事遅くなってすみません( ;∀;)

    今回はらぶらぶ色は弱めでしたね。
    これからラブラブっていうのもいいですね( ´艸`)♥
    とめどなく妄想は膨らみます(笑)

    またブログにも遊びに来てくださいね♫



    ai ✤  2013/02/03 11:37 ✤  [編集]
    647:Re: タイトルなし
    > R-know 様
    コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ
    お返事おそくなってすみません(;_;)

    ミンホ小説はつねにどMなユノでいて欲しいので~♥
    楽しんでいただけてたら嬉しいです♫

    ギャグは私も楽しみです!
    ビバルイ並みのすごいやつ期待しますね~~( ´艸`)♥♡♥

    初めてなんですね~!本物あったらますますハマっちゃいますね♫
    それまで私もダイエット頑張らないと(笑)

    ai ✤  2013/02/03 11:44 ✤  [編集]
    648:Re: タイトルなし
    > 鍵コメM様
    コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ

    ちんじゃいましたか(*´∀`*)(笑)
    私もユノを虐めたい願望を小説で満たしてます!
    何宣言かって感じですが…。
    こんなんでよければどんどんはけ口にしてくださいww

    みんなでぴょんてになれば怖くないです\(^^)/

    ai ✤  2013/02/03 11:47 ✤  [編集]
    649:Re: タイトルなし
    > レイナ様
    コメントありがとうございます(*´∀`*)♫

    嬉しいお言葉です!
    やっぱりブログって読者さまあってのものだと思いますので…。
    また妄想と雑談読みに来てくださいね♥
    スローペースが治りませんが…ww
    ai ✤  2013/02/03 11:52 ✤  [編集]
    650:Re: 更新ありがとうございます!
    > 鍵コメK様
    コメントありがとうございます(*´∀`*)
    前のHNのイメージがすごく強かったので
    混乱しないようにします(笑)

    今回のはいちゃ度低めでしたね(^^;
    たまにはこんなのもいいかなと思いながらも、
    やっぱりらぶらぶが書いてて楽しいと気がつきました!
    まぁ結局はえろが書きたかっただけとゆー(笑)

    どうぞ、過去の分も楽しんでいってください~(*´▽`*)♥
    ai ✤  2013/02/03 11:59 ✤  [編集]
    707:Re: タイトルなし
    > 鍵コメP様
    コメントありがとうございます(*´▽`*)♥
    お返事遅れてすみません(;_;)

    素人なりに頑張って書いてるので、
    そう言っていただけると嬉しいです・゜・(ノД`)・゜・
    お友達にもよろしくお伝えください♫

    かなりスローペースなブログですが
    また遊びに来て来てくださいね☆彡

    ai ✤  2013/03/02 16:21 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/152-1668fe10

     ✤  BLOG TOP  ✤