Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ 逆転~中編~
    Posted on 25.2013
    こんばんわ。

    小説です。

    ミンホです。


    先日あげた小説の続きです。


    前回のお話はコチラ
    → 逆転~前編~


    体はホミンなのに精神はミンホ…ちょっと変わったお話です。



    今日は野王の日なのに、もう4話ぐらい見逃してて完全再放送待ち(^^;

    ドフンの結婚指輪画像が上がってました。
    o0740058312434453076.jpg

    こんな情報いら~んヽ(;▽;)ノ

    でもエロい指はご馳走様です。


    追いツイだけして過ごそうかと思ってます。


    その他にもドーム3日間公演とかスプーン事件とか、

    トンペンさんにとってはなんだか心落ち着かない一日でしたね。




    2人を好きなのはかわりないはずなのに平常を保つのって結構難しいです(^^;





    さて、雑談はこれぐらいにして小説をどうぞ。


    カテゴリーはR18ですので、

    閲覧自己責任

    でお願いします。





    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ




    下着をゆっくり脱がされると、大きく開く足の間でさらに大きく膨らむ性器が顔を出す。





    「あ…。」

    吐息のようなため息のような声が漏れる。


    「ヒョン、舐めて。」




    「う…んぅ…。」


    返事もそこそこに口内に誘われると、一気に生暖かい感触が下半身を包む。


    「ッ…。」

    無意識に腹部が波打つ。


    口でされると快感の度合いが極端にあがる。


    両手で優しく握り込み、少しのうめき声をあげながらしっかりと愛撫する。

    そんな可愛い僕のヒョンの、髪や耳を優しく撫でる。


    「ヒョンが挿れたいところもしっかり舐めてくださいね。」


    「うん。ここだよね?」

    舌をすぼめて、あまり使わないつぼみをほぐす。


    「ぅっ……。」

    慣れない感覚にぞくぞくと体が震え出す。


    ぴちゃぴちゃと唾液で濡らしながらゆっくりゆっくり解かれていく。


    時折その上に成る双つの袋を一緒に舐められると、

    ヒクヒクと入口が反応しているのが自分でわかった。





    そうしているうちに、ヒョンは自分の細い指を一度自分の口にいれ、

    粘膜をまとわせて僕の中に侵入して来た。


    「…ッあぁ。」


    つっ…と、神経を鋭く刺激する感覚に無意識に体に力が入る。


    「痛い?」


    「…いえ。もっと奥に挿れてください。」


    「チャミナのイイところは………、ここかな?」


    「ん……ぁあッ!」

    中のしこりを刺激された瞬間、カっと体が熱くなり声が大きく出る。


    ピクピクと別の生き物のように動く欲望の先端からは、絶えず蜜が滴り落ちる。

    トロトロと幹を伝い、僕の腹を汚した。



    「ふふ。チャンミン、すごく気持ちよさそう。」


    しつこく指を動かしながら笑って言う。


    「はぁ…っ。いいです……、そこ。」


    「なんか…僕も変な気分になってきた。」


    独り言のようにつぶやくと、指をぬいて再び蕾に唇を寄せた。



    「ぁ…は…。」


    肩を上下させながらふと、ヒョンの姿を見たくて目を開けると、

    自分の足の間からつむじが上下しているのが見えた。


    「ユノヒョン…?」



    「ん?」


    ひょこっとこっちをみるヒョンがやっぱり可愛い。

    白い肌も、僕とエッチしてる時はいつも頬が紅く上気してる。

    唇も粘膜で濡れてて、何倍もセクシーだ。




    あ……、僕がヤりたくなってきちゃった。


    でも、我慢我慢。





    「なんでもないです。」





    「ねぇ、チャミナ。もう…いい?」


    「ええ、早くヒョンのください。じゃないと、僕がヒョンに挿れたくなる。」


    「僕も、今すぐ入りたい。」


    少し被虐的な瞳をちらつかせて、僕をソファに押し倒す。


    自分の幹を握りそっとあてがった。


    ぐっと腰に力をいれ、少しずつ進んでくる。


    「っ…ああ…。」



    充分に柔らかくしてもらっても、やっぱり先端の一番大きい部分が通り抜ける瞬間は辛かった。


    そこを通り過ぎると、ヒョンが塗り込めてくれた唾液の助けを借りてずぶずぶと根元までなんとか受け入れた。


    「…入った…よ。」


    すぐには動くのがきついみたいで、じわじわと腰を揺らす。

    興奮に血流が激しく脈打つヒョンの存在をダイレクトに感じ取って、なんだか妙に嬉しかった。


    普段感じられない脈動を、全身で確かに感じる。


    一つになっているという感覚。



    うっすら目をあけるとヒョンはまぶたを閉じて、小さく口をあけ浅く息をしている。


    そっと手を伸ばし、胸の突起をぎゅっと引っ張った。


    「ひィ…あッん。」


    「ん…」


    声と連動するように中へと響いて、結局自分自身を追い詰めることになった。

    もっと角度が増して、内壁をぐりぐりとこすられる。


    それでも感じている顔がいやらしくて、もっといじめたくなる。


    自分の中をぎゅっと締めて、ヒョンを搾り取るように包み込む。


    「ぁ…ああっ!」

    動かす腰が止まって、体が痙攣している。



    「苦しいです?」


    「はぁ…ぁ…いい…。」


    その言葉に満足してさらに強く締める。


    「ん…んぁ…はぁ…はぁ…ッ、あんまり…きつくしないで…。」


    「どうして?」


    「だって…、イキそうになるっ……ん、から。」


    「ヒョンはこれよりもっともっと僕のこときつくしてるの、知ってますか?」


    「え…わ、わかんない。そんなの。」



    「無意識なとこが、いやらしい…。」


    しつこく優しく指の腹で撫でたり、爪で弾くと再び腰が動き出した。



    「はぁ…はぁ…。」



    そしてそのまま、男の本能にまかせて抽挿を始め僕を攻める。

    こすれる粘膜の音が今日は少し遠くに聞こえるのは、神経が別の方に集中してるからか。



    そのスピードはやがてあがっていき、激しく肌がぶつかり合う音が部屋中に響き渡る。


    「あ…あぁ…あ…ッ」

    僕の口から、普段は絶対出ない声が無意識に漏れてしまう。





    「んん…チャミナぁ…、あ…んん。」


    僕を呼びながら甘い声で泣いている。


    その首に大きく腕を回し、もっと深く繋がるようにお尻の薄い肉ををつかんで僕からも迎え入れる。


    体の間で愛撫を受けて、僕自身も絶頂が見えてきた。

    ほんとはヒョンに触って欲しかったけど、そんな余裕はないみたいだから自分でしごく。


    先端はぬるぬると光り、腹の上は先走りでベトベトになっていた。




    「あっ、はぁあ…ん、チャンミン…、も、もう…、イっていい?」


    「ええ…、僕ももう限界…ッ。」


    気を抜くと、本当に果ててしまいそうだった。


    「ちゃん…と、あっ……、僕の…中でイッてくださいね。」


    その声が聞こえたかどうかはわからない。


    さらに打ち付ける力が強くなり、聞こえる息遣いも激しい。


    僕に抱かれている時とは違う雄の顔に、正直ドキドキしていた。


    「あ…出っ、…出る…ッ!……んぁ!!!」


    最後にぐっと奥深く差し込まれて、最奥に叩きつける熱い波を感じた。



    「……っあああ…!」


    それに少し遅れて僕も2つのとろける体の間で、白い体液を撒き散らしていた。













    「はぁ…、はぁ…、はぁ…。」


    僕の中でぴくぴくと痙攣している彼の分身が愛おしかった。


    「ユノ…。」


    ぎゅっと背中を抱きしめると、激しくキスをされた。



    「ん…」


    その柔らかい感触とは程遠いほど、体は切なくて苦しい。


    物足りないのか、まだゆらゆらと腰をうごめかす。


    「ヒョン…すごく良かった。」



    「ん、僕もすごく気持ちいい…。それに…。」


    ----------------なんだか嬉しい。


    その言葉を聞けただけで、主導権を譲った価値は十分にあった。



    でも。




    「ヒョン?」


    「なぁに?」



    まだ表情がとろけているヒョンの頬をそっとさすり、



    「このままで終わると思ってますか?」



    「え?」




    「僕がヤられっぱなしで満足するわけないでしょう?」




    「あ…。」



    「ヒョンも、後ろ…欲しくないですか?」



    「……そ、そんなことないもん。」



    「ホントですか?」



    「……当たり前じゃん。」



    「そうですか。」


    あっさり引き下がりそして、僕からはあえて何も言わない。




    少しためらう素振りを見せた後、

    「………チャミナ。」


    「……はい?」



    「えっと…、シャワー浴びよう。」



    「さっき浴びたじゃないですか?」



    「うん。でも汗かいたし、もう一回。」



    「僕、もう眠いです。」



    「え~?いいじゃん。一緒に浴びようよ。」







    「…ヒョン。正直に言ってください。」



    「な、何を?」



    「今、望んでること。」






    少しの間をおいて、



    「……………………。…て。」



    「何?聞こえないです。」



    「………シ………。」


    「ちゃんと言わないと僕、わからないです。」


    「~~っ!だからっ!僕もシテ欲しいの!」



    顔を真っ赤にしてやっと口に出した。



    そのおねだりに満足しながら、


    「わかってます。じゃ、行きましょうか。」



    「またすぐいじわるする…。」



    「それぐらい、あなたのことが大好きなんですよ?」



    「…僕もわかってるもん。」



    「さ、行きましょうか…。」


    ほとんど肉のついてないお尻を優しくなでつつ、ちゅっと唇を押し付けた。










    続く。



















    あとがき。








    案の定、続きます(笑)


    だって、このまま主導権を握られっぱなしじゃ、チャミの面目が立たないってゆーから(←誰が?笑)

    さて、次回チャミのリベンジ成功なるか?

    やっぱりユノは可愛く泣かされてしまうのか?(私はそっちがいい)


    今回は話自体は1日で書き終えたんですが、読み直しながら

    言わせたいセリフや、させたい行動がありすぎて詰め込んでしましました( ´△`)


    最後の方が少し悩みながら書いたのでまた内容変えるかもしれません(^^;


    お気に入りのMISSHAイベントの写真を貼り逃げして今日はおやすみなさい~。
    o0600089312434023204.jpg

    o0800050012433470411.jpg

    o0800050012433470415.jpg















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ





























    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(7)  ✤  trackbacks(0)
    2013年02月25日(月)  22:30 by ai
     ✤ Comment






    698:
    aiさん、あんにょ~ん!!


    ユノの指っていつ見ても綺麗だなって思うんですけど、エロさ秘めてますよねww
    ホントやばいです><

    それとViVi買いに行く予定だったのが、あいにくの寒波に襲われ、、、、
    出かけることすらもできませんでした涙
    私の住んでるところ毎年雪がすごくて、昨日、一昨日と1m先も見えないくらい大変でした汗
    明日は天気回復するようなので明日こそは!ですww

    では、aiさんおやすみなさいZzz
    R-know ✤  2013/02/26 00:33 ✤  [編集]
    699:あんよが・・・
    こんばんは aiさん 「逆転」後編楽しみにしてます ユノ可愛い チャンミン最強!!
    MISHHAイベントのユノ、そーゆーとこ(あんよが)可愛くてさらに魅かれてしまうんですよね あっ、aiさん私初コメです よろしくお願いします
    sasonezu ✤  2013/02/26 00:48 ✤  [編集]
    700:
    その展開でこそのちゃみ様♥
    続き待ってます(≧∇≦)

    やっぱユノ君わいじめられてる方が…♥←
    (∵) ✤  2013/02/26 20:26 ✤  [編集]
    703:Re: タイトルなし
    > R-know 様
    コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
    お返事が遅くなりまし済みません(;_;)

    ViViは買えましたか?
    1m先が見えないほどの雪ってすごいです!

    私は福岡在住で雪が積もるのなんて数年に1度なんで
    雪かきや通勤通学とか大変そうだなっていつも思います(^^;

    そうこうしているうちにまた雑誌のラッシュが来てます( ̄▽ ̄;)
    嬉しいのか…悲しいのか…。。。

    ai ✤  2013/03/02 15:54 ✤  [編集]
    704:Re: あんよが・・・
    > sasonezu 様
    初めまして、aiと申します。
    コメントありがとうございます(´∀`*)♫
    そしてお返事おそくなりましてすみません(^^;

    ユノ可愛かったですよね~♥
    顔はかっこよく決めてるのに、そういう子供っぽいとこに
    キュンとします(*´ω`*)♥

    小説の続きも近々あげますので、また遊びに来てくださいね☆彡

    ai ✤  2013/03/02 15:58 ✤  [編集]
    705:Re: タイトルなし
    > (∵) 様
    コメントありがとうございます(´∀`)♥
    お返事遅れまして済みません(;_;)
    (∵)さんからコメント頂くと
    顔文字が可愛くていつも癒されます(*´ω`*)

    続きは大好きなどMなゆの君で行こうと思うので、
    また遊びに来てください☆彡

    ai ✤  2013/03/02 16:05 ✤  [編集]
    706:Re: タイトルなし
    > 鍵コメN様
    コメントありがとうございます(*´▽`*)♫
    お返事遅くなりましてすみません(^^;

    ほんとは前編後編のつもりだったんですけど…
    チャミ様が主導権を握りたいというもので(笑)
    頑張って続きあげます(*´ω`*)♥

    女性関係はNGなんでほんと嫌な噂ですよねヽ(;▽;)ノ
    でも、デマなら良かったです。
    盲目な信者としてはこれぐらいで慌てたらいけないんですけどね(笑)

    ai ✤  2013/03/02 16:15 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/164-9575f5d2

     ✤  BLOG TOP  ✤