Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ ステージへの階段
    Posted on 01.2012
    小説です。

    短いです。


    めずらしくエロなしでwww





    ですが、閲覧は自己責任でお願いします。




    では、どうぞ。








    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング


    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ

















    シャワーのコルクを思いっきりひねると、


    いつもより熱く設定したお湯が僕を包む。




    もうもうと湯気が立ち上がる中、今の自分は冷静なのかを考える。






    今日のステージは我ながら、よくなかった。







    僕だけが感じたことではなく、ヒョンにも指摘された。







    「チャンミン、調子悪いの?」







    体調を心配してくれてるからこその言葉だろうけど、
    僕にはこたえた。




    ステージの上での失敗なんて、長い舞台経験の中でもよくあることだし、
    今日もそのうちの一つ、っていう感覚のだけれど。




    やっぱりこたえた。


    どうしてだろう。




    深い、深い自己嫌悪の淵に自分は立っている。






    熱いお湯にたたきつけられながら、少し強めにごしごしと頭を洗った。




    と、その時。




    「わっ!!!」





    考えに没頭していた僕は声も出せずに、心底驚いた。





    ゆっくり振り向くと、いたずらっ子のような表情でこちらを見るヒョンの姿。





    「はははははは」




    大きくため息をついて、無視した。



    「チャンミン~、びっくりした?」



    「僕、そんな気分じゃないです。それに、シャワーくらい別に浴びましょう。」





    時間に追われているときは、一緒に浴びることはざらにあるが今日は一人になりたい気分だった。






    「寂しいこと言うなよ~。っていうか温度の設定高いよ~熱くて浴びれない。」



    「じゃ、僕出ますんで先にヒョンが浴びてください。」



    ヒョンは少しも悪くないのに、きつい言い方で八つ当たりしてしまう。







    「……チャンミン、今日のステージの事気にしてる?」




    いつもは天然のくせに、こういう時だけ鋭く僕の心をえぐってくる。





    「………………………。」






    「ステージでミスるなんて、今まででもいっぱいあったじゃん。もちろん僕もだし。」







    「わかってます……。ヒョン。」

    そんなことはわかってる。


    だけど、今日はなんだかひどく自分が許せなかったのは間違いない。





    「僕もデビューした時は、小さなミスすら許せなくて自分を責めてたよ。でも多く場数を踏んでいろんなステージに立てば立つほど、そのミスすらもステージの一部として生きてくることに気付いた。」






    そのことは僕も以前ヒョンの口から聞いて、知っていた。




    でも僕の場合は逆。


    昔は許せていたミスが今日は許せない。





    「自分に腹がたつのは痛いほど、わかる。だから次のステージはもっともっと良いものを作れる糧になるよ。」




    違うよヒョン。逆なんだ。


    どんどん、許せなくなっていく自分がいる。




    いつでも完璧で、いつでも最高の自分を魅せるヒョンが隣にいるから。






    そう、僕はいつでもヒョンに追いつきたいんだ。




    2人になって、ペンの目につく数は増えた。

    ヒョンが完璧であればあるほど、僕は劣等感を感じてしまう。




    誰もが僕たちに好意的な目で接してくれるわけじゃない。


    厳しく評価する目があれば、痛く批判する目もある。







    僕の心情を読み取るように、ヒョンは続ける。

    「もし、それでもチャンミンが自分を許せないと思うのなら、きっとそれはプロ意識の表れだと思う。」





    僕は彼を見た。

    少し微笑みながらヒョンもまた僕を見返す。



    「僕たちはいつだって完璧じゃないけど、限りなく完璧なものを作り上げ、それを表現するのがプロなら、ミスを許せないチャンミンは間違いなくプロのアーティストだよ。」





    ストン、と自分の心にはまる言葉だった。

    いや、誰かに言って欲しかった言葉か。




    ざぁざぁと熱いシャワーが僕たちに降り注ぐ。




    僕をゆっくりと抱きしめてくれる腕。




    なぜ、ユノヒョンには僕の欲しいものが分かる?





    「次のステージでは、次よりもっと、もっといいものにしていこう。僕たち2人ならできるよ。」





    「………はい。ありがとうございます。」



    降り注ぐ熱いお湯の中で、僕の心の氷が溶けていくのを感じた。











    END

















    あとがき。




    Hong Kong Asian Pop Music Festival の動画見ていて
    思いついた話です。





    自分とはかけ離れすぎる生活の中にいる彼らの苦悩や葛藤など、


    平凡な自分に汲み取ることなど難しい話です。


    なので、あくまで想像・妄想ということで。











    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。
    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ






    cetegory : 短編小説  ✤  comments(1)  ✤  trackbacks(0)
    2012年04月01日(日)  22:06 by ai
     ✤ Comment






    38:Re: 初めまして
    >鍵コメ K様
    はじめまして。
    コメントありがとうございます!

    この話は個人的にも書いてて納得いくものだったので、
    そういって頂けるととても嬉しいです。
    基本エロを書いてますけど、こういう短編も好きであげたりしてますので、
    またのぞいて頂ければ、と思います。
    ai ✤  2012/05/13 20:35 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/20-ab109977

     ✤  BLOG TOP  ✤