Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ 暗い真昼~中編~
    Posted on 22.2013
    こんばんわ^^


    今日は久々の小説を上げに来ました。


    前回までのお話はコチラ↓
    暗い真昼~前編~




    今日はTIMEDVDふらげの日ですね♫

    皆様のお手元には届きましたか?
    E69DB1E696B9E7A59.jpg


    私はひとまずパッケージを楽しんでる途中です(笑)

    というのは嘘でエロ妄想を上げないと真面目にDVDを楽しめないw




    ということで、お話の続きです。




    今回はチャミが女の子みたいになっちゃいました(^^;;


    私のブログに来てくださる方は割とミンホ推しの方が多いので、

    お気に召されない場合もあるかと思いますヽ(;▽;)ノ



    乙女なミンも美味しく頂ける両刀の方は安心してご覧ください^^

    どSミンが好きな方は…自己判断にお任せします(←あ、逃げたw)




    まぁひとまず毎度のことながら、

    閲覧自己責任

    でご覧ください。




    では、どうぞ。






    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ































    「チャミナ、こっちにおいで。」



    「はい…。」




    手を引いて身体を近づけると、頭のいい彼は何をするのかをすぐに察した。

    僕のベルトに手をかけて、手際よくチャックを下ろす。


    下着をずらし中から飛び出してくる僕の分身を、ゆっくりと両手に包み込んだ。




    紅い舌をペロっと出し、上目遣いに

    「いいですか?」


    「うん。舐めて?」


    わざわざ僕に許可を取ってから口へと含んだ。


    「っ…。」

    クッと腹部が波打ち、たまらず息をのんだ。



    先端の赤く光る頭の部分を唇の粘膜で覆い、ちゅっと吸い上げる。


    そのあとは、竿を伝いその根元に垂れる実を揉みながら、

    はぁ…っと熱く息を吐きながら舌でつっと舐め上げられた。





    再び先端を唇に含み、今度は一気に口内へと飲み込まれる。

    粘膜と吐息の暖かさが全てを包み込んで、そこから身体が溶けそうだった。


    「ん…ん…。」

    少し苦しそうに呻きながら、徐々に唾液で濡らして喉まで突きこんだ。


    そして、一気に吸われる。


    「あぁ…。」

    声を漏らした次の瞬間には、再びずぶずぶとその口の中へ飲み込まれていった。

    数度頭を上下させた後、一度粘膜から解放された。



    唾液で唇がいやらしく光っている。

    僕のやましい視線に気がついて、ふと瞳を上げた。



    「?」

    目をくりくりとさせて首をかしげる。



    「何もない。もっと気持ちよくして?」

    髪を梳きながら、また催促。


    「はい。…ヒョンの、さっきより大きくなってます…。」


    指摘されるそこは、先ほどより更に天を仰いでぴくぴくと反応している。



    「うん、チャミナ上手だからね。」


    「……続きをします。」



    ちょっと恥ずかしそうに下を向いて、血管の浮き出る幹を握り直した。


    今度はくびれから繋がる部分をチロチロっとくすぐる。



    「ん…。」

    くすぐったいような、気持ちいいような…身体がふわふわと動く。

    かと思えばグっと先端に舌を食い込ませて、そのままぐりぐりと入口を犯していく。


    その間も手を休めず、丸みからくびれたところを親指でこすり続ける。


    同時に責めらるとやばい。


    「あ…」

    トクトクッと先走りが溢れた。

    その体液を一滴もこぼすことなく、美味しそうに飲み欲してくれる。



    「ヒョンってここ、弱いんですよね。」

    「………………。」

    質問には答えず”もっと”と催促するように、亀頭で頬を叩いた。


    「や…ぁ…。」


    嫌、と言いながらも双果を揉みながら、何度も何度も応えるように、

    パクパクと開閉する切れ込みを集中的に攻められると…


    「あ…ッ!あ…もう、イクよ………ッ。あぁ…ッ……う…っ。」



    2、3度に分けて口の中へ白いとろみを放った。

    クラクラと目の前に火花が散る。


    「はぁ…はぁ…。」


    腰が跳ねて、チャンミンの喉に奥につき込むようにして射精した。


    「全部、飲むんだよ。」


    「ん…んんぅ…。」


    「飲んだ?」


    喉を震わせて、少し苦しそうにこくこくと頷く。



    「いい子だね、チャミナ。」







    「ねぇ…ヒョぉン…。」

    共に落ち着いたのを見計らって、太ももをさすりながらにじり寄ってくる。





    唇に垂れる僕の体液を見せつけるように舌で舐め取りながら、鼻にかかった声で僕を呼ぶ。




    「ダメ。」

    彼の言いたいことを瞬時に理解した。


    ぴしゃりとはねつけて、強めに睨む。



    「……っ」



    「そんなに簡単には許してあげないって言ったよね?」





    「ぼ、僕…、何したらいいです?」

    少し泣きそうな声が被虐心と一緒に同情心も煽ったが、

    僕以外の男に媚をうるチャンミンを思い出して、再び嫉妬心が頭をもたげた。



    「そのままでいたら?」



    「ど、どうしたら、ヒョンは許してくれますか?」




    「さぁ?」


    「…ッ。」


    突き放す僕のセリフに、ついに目の縁からうるうると涙が盛り上がってくる。


    「………ヒョン~。ごめんなさい。もう、絶対しないです……っ」


    「…………………………。」


    「も…ぉ…、し…まっ…ッん…。」


    嗚咽で言葉がつなげていない。


    頬の上を大粒の涙がいつくも流れ落ちる。



    「…ッだ、から、もう許して下さ…ぃ…。」


    ステージでも絶対泣かないチャンミンが、こんなにもあっさりと僕の前で涙を流している。



    ぐずぐずと鼻をすすり、一度溢れ出したら止まらない涙を腕で乱暴に拭いながら、

    それでも、まだイカせてもらえない性器は充血したまま萎えることなくその存在を訴えた。





    その涙と性器を見ながら、なんだか自分がひどく悪人のように思えていた。

    こんなにも素直に許しを請うてるマンネを、許してあげることが出来ない。


    狭い心の僕。





    でも、僕だって傷ついたんだ。



    「…っう…ぅ…ッく…ッ…ぅ~。」



    チャンミンと、おんなじくらい傷ついた。



    「う…う……。」



    ううん、それ以上…。




    「っ…ううぅ………………。」




    -------------------------あぁ~、もう!




    「ごめん、チャミナ。泣かせるつもりはなかったんだよ。」


    腕に包み込んで抱きしめると、僕の肩に熱い液体が流れてきて胸が苦しくなった。


    「ぅう…、ヒョン、ユノヒョン~。」



    少しのお仕置きのつもりが、予想以上に彼を苦しめたみたいで少し後悔し始めている僕がいる。


    「も…、そんなに泣かないで。ね?チャミナ?」


    「ひ…く…っ…、も…ッもう、怒って…ないですか?」


    鼻をすすりながらの、質問。


    「怒ってないよ。僕が少し子供すぎただけ。」


    「僕のこと、許してくれるんですか?」


    「うん、もちろんだよ。」





    「も、イってもいい?」


    いそいそと、足を開きつつ上目に様子を伺う。


    「いいよ。これ、取ってあげるからね。」


    ずっと彼を苦しめていたリングに手をかける。


    「う…は…あぁ…ああ。」


    一気に抜き取ると。


    「ひぃ…ぁ……!…ぃああああ…あ…あ…ッあ…っあ~ッッ!!!」


    悲鳴を上げて、一気に射精した。


    それは僕の腹にかかるほどに飛び散り、我慢を重ねた分何度も何度も射出を繰り返した。


    「チャミナ…、すごい…。」


    別の生き物のように跳ねるモノを見ながら、不謹慎にもひどく興奮した。


    「い…やぁ…っ…ああ……あぁぁッ」


    すがるように手を伸ばすから、思わずそれを捕まえて引き付けるようにキスをした。


    「む…ぅ…ん~…。」


    酸欠状態に陥りながも、僕の唇を貪るように舌で探る仕草が可愛くて、可愛くて仕方がなかった。

    舌を優しく愛撫して、この愛おしさを伝えたくて、思いを込めてキスをした。



    「ヒョン…、もう絶対しませんから…。」


    まだ、うわ言のようにつぶやく言葉に反省した。









    我ながら大人気なかったと思う。


    彼は、”ファンサービスの一つだ”とはじめから訴えていたのに。


    ファンの言葉を拾い集めて、彼なりにステージを良くしようと考えてのことだったのに。



    それすらも許してあげられなかった自分が、ひどく小さい人間だと感じる。






    「ごめんね、チャミナ…。」




    それぐらい、マンネの事が大好きで仕方がなかっただけなんだけど。

    それが結局は裏目に出たみたい。




    夢中になると目の前が見えなくなるのはずっとずっと昔から。


    今もそれは治らなくて、長所でもあり短所でもある。





    「ユノヒョン、僕こそ、ごめんなさい。」




    でも、それは大切な人を泣かせたいからでは無くって、

    もっともっと愛して行きたいと思うから。






    「あの…、」



    「ん?何?」



    「もう…ユノが欲しいかもしれないです。」




    仰向けに寝そべり、大きく足を開いて囁かれた官能的なセリフ。





    キュンと心の奥に疼く、この気持ちは愛なのか恋なのかはわからない。


    でも、自分の気持ちに気づく前に僕の身体はとっくに反応している。


    出したばかりの性器が再び、角度を増した。








    ”欲しい”とねだる場所はヒクヒクと鳴動し、ひたすらに挿入を待ちわびている。




    すべての羞恥を捨てて肉欲にひれ伏した顔。





    その表情は僕にしか見せないでね。












    「僕も、もう我慢できないよ。」










    他の誰かにそんな顔したら…。










    もう、絶対許さないから。






























    つづく。
























    あとがき。








    思いっきり、SMTの写真に影響されてます。


    あ~私はミンホ信者なのにあのチャミ見てたら泣き虫になって欲しかったの…。





    ミンホを楽しんでくれてる方には申し訳ないですが


    まぁ…時にはこんなホミンもいいかな…と思いつつ書きました。





    加筆修正すると思うので、また来て下さいね^^

















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ















    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(3)  ✤  trackbacks(0)
    2013年10月22日(火)  22:56 by ai
     ✤ Comment






    1261:Re: よかです!!
    > 鍵コメM様
    コメントありがとうございます(*゚▽゚*)
    Mさんは九州の方ですか?
    なんとなくコメントの端々に、同郷意識が…(笑)

    チャミのピンクかわいかったですよね♡
    是非東京でも来て欲しいものです♫

    Mさんも二次なんですね~!!
    おめでとうございます^^
    この際席のことは忘れて、楽しみましょうね(๑≧౪≦)♡♡
    ai ✤  2013/10/24 23:57 ✤  [編集]
    1264:Re: はじめまして!
    > 鍵コメY様
    はじめまして、aiと申しますヽ(´▽`)/♡
    コメントありがとうございます^^

    ホミン書くのは慣れてないんですが、
    楽しんでいただけたら嬉しいです!

    実は終わりを決めずに話を進めてますが…(^^;;笑
    続きも頑張って考えてますんで、また遊びに来てくださいね♫♫


    ai ✤  2013/10/26 00:20 ✤  [編集]
    1265:Re: はじめまして
    > 鍵コメA様
    始めましてaiと申します(*゚▽゚*)
    コメントありがとうございます♫

    普段ホミンを書き慣れてないので、
    そう言ってもらえると嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))
    今回のお話は特に見切り発車なお話なので…wwww
    頑張って続きを書きますので、また遊びに来て下さい☆彡




    ai ✤  2013/10/26 00:24 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/221-eff433ee

     ✤  BLOG TOP  ✤