Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ 暗い真昼~後編~
    Posted on 19.2013
    こんばんわ。

    SMTweekに参戦できなくてふてくされてます(笑)

    社畜つら…pq

    この悲しい気持ちを慰めてくれるのが、ロペ←
    main001.jpg


    トン関係ない(笑)



    私のもっぱらの楽しみはセレブリティ(*゚▽゚*)
    o0776102412748818493.jpg

    o0800105612749093253.jpg

    o0800102412749093254.jpg

    BZM341vCUAIsbMF.jpg

    BZMLUvXCcAAeQ6M.jpg

    o0500067412749092863.jpg

    o05000712127490928643222222225555.jpg





    以下に訳を貼ってます♫

    【訳】ユノのインタビュー

    【訳】チャンミンのインタビュー

    (※訳はお借りしてます。)


    ユノの言葉はいつも大きくて見据えててる位置が高くて、

    小さなことで感情的になったり、悲観的になってる自分が恥ずかしくなります(^^;;

    また、チャンミンは全く違う次元の世界に住んでいるのに同年代の男の子ような瞬間があって

    親しみやすさを感じます。

    真逆な二人が同じチームで違和感なく一緒にいることが不思議に思いながら

    またそれがすごく自然なことのようにも感じてそれが동방신기の魅力の一つだと思いました。


    何より特筆すべきは、

    チャンミンの大切なものが1.家族2.ユノヒョンって恋人以上家族未満ヽ(;▽;)ノ


    ぎゅとの仲良しアピールを全消しするらぶらぶ宣言(^q^)



    早く雑誌来ないかな…♡





    まぁ…ひとまずお話の続きです。

    やっと完結です。



    前回までのお話はこちら

    暗い真昼~前編~
    暗い真昼~中編~





    今回もがっつりエロなので、

    閲覧自己責任

    でお願いします。


    ぐずぐずとした女々しいちゃみが苦手な方はお気を付け下さい^^








    では、どうぞ。


























    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ














    ダンサー裏山だ(^q^)

    ちんぐはこのダンサーが苦手らしいですが、

    個人的には二人とも積極的に絡んで行くので好きです^^
    o0664067412754604741.jpg

    o0670066912754604742.jpg































































    「ヒョ…ぉン~…、ヒョンって…ば。」

    鼻にかかるような声で、吐息を絡めて僕を呼ぶ。




    「ん…?わかってるって…。」


    胸を激しく疼かせる気持ちを抑えつつ、よしよしと髪をなでる。

    手のひらで大きく太ももを割って、”欲しい”とねだる粘膜へ唇を寄せた。


    舌の先端を使ってぐぐっとひだを割り開くと、


    「ひ…ぃ…、あぁっんん!」


    ただ、それだけなのに身体がおおげさにビクついている。


    「ふふ、まだ舐めただけだよ。」


    たしなめる言葉をふっと、ささやきながら今度は中指をぐっと挿入した。

    男なのにぐちゅっと糸を引く体液がいやらしく絡みついて、僕を奥まで誘い込んだ。

    擦りながら中を探っていくと、ちいさな突起にぶつかる。

    「ひ…ぁんんっ!」

    小さく息を呑むのを無視して、全体的にするようにその突起をこりこりとなでた。


    「あ…嫌…、やだぁ!」


    腰ががくがく上下に動きはじめて、意識が朦朧とし始めている。


    「嫌、じゃないでしょ?」

    暖かい襞に指を喰われるのを感じつつ、更に奥へと突き進む。



    「ヒョン…ヒョぉン~…、あ…あぁ…。」


    嫌、という割には僕の指をきゅうきゅうと締めつけて離さない。

    その動きに恋心も性欲も全て惹きつけられる。


    ぞくっと下半身に響く声と反応に、まともな思考なんてとうに無くなって、

    普段は理性的に振舞う僕もこの時ばかりは、ただのオスと化す。





    「チャミナ……っ。もう…、挿れるよ?」


    早急なセリフも、彼の耳に届いたかどうかはわからない。

    足を持ち上げて、自身をピンクに濡れる孔へと充てがう。


    ちゅっと先端を銜えさせたのも束の間、一気に根元まで飲み込んだ。


    「ぁあ…っヒョ……んん…。」


    ずぶずぶと埋め込まれるのと同じタイミングで、そこから体中が粘膜が包まれる感覚に襲われる。


    「あぁ…。」


    脳みその奥まで、チャンミンのことでいっぱいになって…

    それが幸せでたまらなくって、僕の全てが彼で満たされる。


    「う…。」


    あまりの気持ちよさに吐精しそうになるのを必死に堪えた。

    気を紛らわせるように、身体を押し倒して唇を探る。


    「あ…あ…。」


    小さく声を出しながら、変わらず腰は動き続けている。

    唇にたどり着く前に、薄く鎖骨をなぞり耳の裏に鼻をよせた。




    汗の匂いといつものチャンミンの香り。


    身体が火照ってるせいでいつもより少し、甘い。


    僕を興奮させる媚薬のような香り。




    耳たぶをペロっとひと舐めすると、

    「ん…っ」

    小さく反応をみせて応えるように手を背中へと回した。



    「もっと強く、ユノのことを抱きしめて?」


    囁く言葉がしっかり届くように、鼓膜へと響かせる。



    背骨を指でつっと登るようになぞり、首にぎゅっとしがみついた。


    そうしてる間にも僕に食いつくひだは時々思い出したように締め付けてくるから、

    腰を使いたくなる衝動を抑えるのに必死だった。




    「チャミナ…。」



    「ん?」


    小首を傾げて僕を見る。


    眉も目尻もトロっと溶けてて、自ずと涙のにじむ瞳に自分の顔が写りこんでいた。



    「チャミナ…、ごめん。」


    「……?」


    普段なら、絶対に見せてくれない表情。


    僕にこうやって全てをさらけ出してる時にだけ魅せる、幼くて怯えるような表情。


    「ごめん、少し意地悪しすぎたかな。」


    「…ヒョン、すごく怖かったです。でも、それは僕が悪かったです。」



    「僕のこと、怖かったの?」


    「うん…。」


    下を向いてうなずく。


    「まだ、怖い?」



    「ううん、もう怖くないです。いつものヒョンに戻った。」


    もう一度視線をあわせて、じっとりと見つめ合う。


    どんな喧嘩もすれ違いも、こうして目をあわせれば解決する。




    10年以上そうしてきた。




    マンネだから、言いたいこともたくさんたくさん我慢してきたと思う。


    言葉に出して言えないからこそ、こうして目をあわせて心を通わせてきた。





    心と身体は通じている。



    「チャミナ…愛してるよ。」



    謝罪も、弁解も必要ない。



    「うん、僕もヒョンのことを愛してます。」


    ためらうことなく、応えてくれる。






    ただ、一言口にすればいい。





    それだけで、僕たちは猜疑心も嫉妬心も全て拭われて…


    ただ、純粋に愛し合うだけの人間になる。






    「僕にはチャンミンだけなんだから…。」










    つながったまま身体を起こし、そのままチャンミンの手をひいた。


    「ひぃあ…!」


    僕との角度が変わったせいで、否応にもぐりぐりと中の壁を擦り上げていく。

    なんとか自分の腕で身体を支えて起き上がり、向かいあう。



    そして、そのまま勢いを借りて僕は仰向けになり彼を僕の上へと誘った。


    そのせいでずぶずぶと根元まで埋め込まれて、悲鳴のような声を耳にする。



    「きつい?ここは気持ちイイでしょ?」


    言って、二人の身体の間から生える性器を捉えてぎゅっとシゴいた。

    指を輪っかにして上下する動きにあわせて、お尻を動かして自分のイイ場所を探し出す。


    「ん~…はぁはぁ…く…ぅううん…。」


    自分が主導権を握るのと、相手に握られるのとでは気持ちよさが全く違う。


    もちろんいつもは僕が手綱を取りたいけれど、僕の上で気持ちよさそうに

    腰を振る姿はいやらしくて、でもものすごく可愛くってずっと眺めていたい。


    ただ、視覚的に興奮した身体はいうことを聞かずに暴走し始める。


    「もっと動かないと、僕が気持ちよくなれないよ。」


    下半身の力を使って、ぐいぐいと突き上げていく。



    「ぃあっっ…ああ~ん!!あぁッ!まっ…、て下さい…!!」


    「ダメ…、少しも待てない。」


    性器を弄んでいた手は、胸全体をゆっくり揉みあげた。


    それはやがて乳輪をなぞり、小さな突起を探る。


    2、3度指で摩っただけで、急に硬くなり丸く膨らんだ。


    優しく愛撫する気はもうとうに無くって、ぎゅっと力いっぱいツネりあげると、


    「ひ…ぁああああ!」


    一際大きく嬌声が上がる。



    「も…ダメ…。」


    「ダメじゃない。もっともっと、よくなるよ。」


    腰を掴んで、匠に挿入を深くする。



    それからは、ただイクためだけに腰を振る。




    ガクガクと揺れる身体と同じリズムで、

    先走る密をだらだらとこぼしながら、全身で快感を受け止める。




    身体は性欲に支配されているけど、

    気持ちは愛で満ち溢れている。









    この身体も声も、汗も体温も視線もぜんぶ僕のもの。





    他の誰かのものになったら絶対に許さない。






    微塵でも、許さない。







    許さない。














    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※










    「ユノヒョン?あの…ごめんなさい。」



    僕の胸に顔をうずめたままぼそっとつぶやく。







    裸でシーツにくるまって、射精の後の無気力な状態でのさらなる謝罪。




    「…………。僕はもう怒ってないから。」



    その言葉に何も答えることなく、堪えきれずにぼろぼろと涙をこぼしている。



    「チャミナは、どうしたら涙が止まるの?」


    「ぐずッ…うぅ…ズッ…ふっ…ふうぅ…。」



    流す涙の熱さが僕を責めるように胸を焦がす。


    「もう、ヒョンが悪かったから…。ね?泣き止んで。」



    無言のまま首を振る。




    「…ごめんなさいって、何度言っても足りないと思います。」




    「チャンミン…。もう終わりにしよう?」



    「………………。」




    「ヒョンにキスして。それで全部終わり。」




    しばしの無言のあと、ちゅっと小さなキスをくれた。




    「はい。これで終わり。」



    懺悔でもない、後悔への償いでもない。




    ただ、僕への愛情のキス。







    「ヒョン、僕はヒョンのことが誰より大好きです。」




    「うん、分かってる。」





    もう、その言葉だけで十分だよ。







    何も言わなくていいから。







    ヒョンは知ってるから。











    END



















    あとがき。







    決めた。


    もう見切り発車で話しは書かない←



    なんか暗い方向に行っちゃいました(^^;;

    そして、若干の迷走ww


    これはまた手を加えると思います(笑)



    やっぱり明るいエロはミンホに限る!!!

    あと、えげつないエロも←





    よし!!次は下品でえげつないミンホかくぞ(´・ω・`)まがお。







    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ












    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
    2013年11月19日(火)  23:01 by ai
     ✤ Comment






     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/229-05bb7452

     ✤  BLOG TOP  ✤