Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ unconsciousness
    Posted on 19.2012



    小説です。



    ホミンです。



    しばらく下書きとして眠っていたネタですwww





    カテゴリーはR18にしてますが、内容的にはR15ぐらいかなwww







    どちらにしても、閲覧自己管理にてお願いします。







    では、どうぞ。














    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング


    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ



















    「お疲れ様でしたー!!」




    8時間以上にも及ぶダンスレッスンを終えて楽屋へ戻ってきた。



    体力に自信のある僕でも、連日の仕事に加えてのダンスレッスンとなると相当体にこたえる。



    でも、ペンの前で半端な姿は絶対に見せたくない。
    僕がステージに立つ時はいつも最高の姿で。

    それだけで、十分頑張る理由になる。







    「お疲れ様でした~。」


    同じように抜け殻になったチャンミンが楽屋へ入ってきた。





    「あー、お腹すきました。」


    僕の横に座るなり、言ってよこす。


    「そうだね、でもマネージャー打ち合わせあるって言ってたからもう少し時間かかるかも。」









    次にチャンミンを見たとき、彼は椅子に座ったまま首を傾けて寝息を立てていた。



    余程の疲れなのだろう。




    「汗ぐらい流さないと、風邪ひくよ。」




    と小さく声に出したが、ゆっくり寝かせてあげたくてそれ以上は何も言わなかった。








    しばらくしん…と静まり返った楽屋で彼の寝顔を眺めていた。





    いつもは毒ばかり吐く口も今は安らかな吐息しか漏れない。


    いつもリアルな現実ばかり見ている瞳も、今は長いまつ毛に縁どられていた。







    本当に綺麗な顔だと思う。


    8年も一緒に住んでいて、仕事をしていると見飽きるかと思えば全くそんなことはない。




    どの瞬間のどの表情も二度とは戻らない、彼の歴史の一部なのだから。








    僕の大事なマンネ。







    ゆらゆらとしていた首がガクっと揺らいだ。




    その瞬間、ドキっとする。



    首から肩にかけてのラインがあらわになった。





    ダンスレッスンの時はタンク一枚の彼だ。




    そこから見える首筋は僕を誘うように少し赤く上気して、扇情的だった。




    何かに取りつかれたように、そっと手を伸ばす。





    起きる気配もない。


    そのまま、かみつくように唇を押し付けた。



    ちゅっと強めに吸いあげる。



    そのラインに自分の跡を残してやりたかった。





    独占欲?


    所有欲?



    なんだかわからない、けれどなんでもいい。




    誰のものでもない彼に、自分の証を刻みたいだけ。







    ゆっくり唇を離すと、くっきりと跡が残った。



    シーツに落ちる、一滴の血のように真っ赤な証。



    なんだか満たされた気持ちになった途端正気に戻り、






    「やばっ……次着る衣装ってどんなのだっけ?ってゆーかチャンミンになんて言おう……」




    いろんな心配が頭をもたげて慌てふためく。







    「……もうついてしまったものは仕方ないです。」



    突然、寝ているはずのチャンミンの声が聞こえた。



    「あれ?いつから起きて……?」



    「ヒョンが僕の肩に触った時から。」




    「……………。」




    なんだかいたたまれない気持ちになって、





    「そう。ところでお腹すいたね、デリバリー頼む?」



    全く別の話題で話を変えようとした。




    「ヒョン、話のすり替えが下手すぎます。」



    「……だって…、まさか起きてるなんて。……なんか恥ずかしいじゃん…。」





    「僕は、もっとつけてもらってよかったですけど。」



    「え?」



    「僕チャンミンはユノヒョンのものです、って証みたいで。」



    上目づかいに言われれば、こらえていた僕の欲情に火がつきそう。





    「それなら……、次はどこにつけて欲しい?」




    「んと…、…見えないところ………がいいです。」



    「じゃあ…、ここかな。」


    いいながら、タンク越しに胸の突起を押しつぶす。





    「っ、ダメです。いつマネージャー帰ってくるかわからないし。」





    「大丈夫だよ。こっちはどう?」




    彼の太ももを手で左右に広げさせ、その中心をゆっくりともみあげる。




    「ハァ…。」




    半ば勃ちあがりかけたものをゆるゆると手のひらで包んだ。




    「だ…だめですって…。」



    拒絶のセリフを口にしながらも体は正直に喜んでいた。



    「ほんとはいいでしょ?」






    「ん、…………いいです。」





    ためらいながら答える。





    ジャージの中に手を忍ばせようとしたその時、










    コンコン。




    ビクっとして、とっさに体を離す。



    ドアの隙間から顔を覗かせたのはマネージャーだった。




    「車まわしてきたから、帰るぞ。」

    それだけいうとさっさと出て行ってしまった。





    「はーい。」





    返事をするチャンミンはさっきまでのセリフが嘘のように、冷静だった。



    僕はといえば、まだどきどきと心臓が打ち付けている。





    「ふふ、ヒョンってばびっくりしすぎ。」


    肩を揺らしながら笑うチャンミンに、


    「だって……、見られたらまずいだろ。」




    「そうですけど。ヒョンいつもその時は集中しちゃうもんね。」




    なんだか負けたような気分。



    悔しい気持ちを押し付けるように、




    「ん…。」


    ちょっと強めに口づけた。



    強引に侵入し口内を舐めまわす。



    「んん…。はぁ…。」



    ふわふわした髪を掴み酸欠になりそうなチャンミンを無視して、唾液を絡ませる。


    自然に腕は僕の首に回された。




    「ん……んふぅ。」


    しばらく口交を楽しんで唇を離した。




    「あっ……はぁ。」





    「続きは、帰ってからな。」






    「僕は、いますぐシて欲しいですけどね。」



    笑顔でそんな誘い文句を言ってくる。








    「…………チャンミン、来て。」







    言うなり、ぐいっと腕を引っ張りもう一度キスをした。





    「ユノヒョン……。」








    僕も、今すぐに欲しい。













    END

















    あとがき。







    超短編をお送りしました。



    そしてめずらし、ホミン。


    この話のモチーフはこの画像。
    999_convert_20120414203013.png


    いやぁ、なんといやらしい首すじ。

    ご飯何杯でもいけます!!


    なんなら、ワタシが跡をつけたいぐらい!!!




    ……嘘です、ごめんなさい。





    加筆修正繰り返すと思うので、またのぞいてくださいね。












    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ















    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(1)  ✤  trackbacks(0)
    2012年04月19日(木)  00:25 by ai
     ✤ Comment






    8:Re: こんにちは☆

    鍵コメ Y様>

    コメントありがとうございます。長め大歓迎です☆★☆

    全身っていいですね……萌。。。
    参考にします笑!!
    自分の中のチャミ様はどんな時でも余裕でいて欲しいので、
    この話の中にもその願望が出てますwww


    京セラ参戦して参りました。
    なんとか帰還して余韻に浸っているところです……
    また、少しブログにアップしていきたいと思ってますので、
    覗いていただければ、と思います!
    ai ✤  2012/04/23 22:36 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/31-ca111071

     ✤  BLOG TOP  ✤