Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ Sister
    Posted on 23.2015
    こんばんわ^^


    今日はシングルのジャケ写が公開になったり、上海の空港写真があがったり、MJの出演が決まったりしたみたいですけど

    まったくついていけてません(^_^;)

    このブログを上げたらゆっくり追おうっと!




    そんな中、少し前のニュースですが……
    56535353523456532341.jpg

    公式はこちらから入れます↓
    東方神起×ハウステンボス


    大体トン絡みのイベントって関東・関西方面が多くて、我関せず(ほんとはちょっと悲しい)を決め込んでました。

    けれど………

    やっと!やっと!!やっと!!!

    九州にも陽の光が………!!←


    普段は東方神起に興味のない職場の方も、”東方神起がハウステンボスのCMでてるね”とか

    声かけてもらえるので、やっぱり世間が興味をもつには幅広い露出が必要ですね。



    本人がサプライズ登場してくれればいいのになぁ←ないか。

    なにはともあれ、詳細はよはよ。


















    さて、話題は変わりまして巷ではモモ子、チャンスニ、そしてシムリーと、しむ3姉妹が話題沸騰してましたね!

    どの子も超~~~タイプで可愛い(というより美しい)ですけど、やっぱり私の中ではもも子が永遠のナンバー1かと。

    悲劇的で可愛がられすぎなところが大いに私好み♥♥♥♥

    幸田さんと幸せになってね……(ホミンかぷじゃないんかい。)



    でも、今日はシムリー妄想です。
    o0800080013189812209.jpg

    巨乳キャラらしいですね(笑)

    シムリーに会いにいくためだけに渡韓したいぐらいだッ!







    久々、ホミン妄想シム目線です。

    このお話のユノ君は若干変態ちっくになってます。。。

    ミンホ推しの方は少し苦手かも(^_^;)



    あと、前編後編にするつもりが切り時を失ってしまったので少し長いです。


    途中で飽きないでください(笑)


    時間があるときに読まれるのをおすすめしますww








    ミンホ推しの方はもちろん、ホミン推しの方も


    閲覧自己責任


    でお願いします(´<_` )

















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ






























































    「あ、ヒョン、お疲れ様です。」


    「……お疲れ。……ん?」


    「どうしました?」

    少し長目の休憩時間、自分の控え室に戻って来た。


    そこで別の仕事をしていたらしいヒョンは、目をまんまるく開けて僕を凝視する。

    「チャミナ……だよね?」


    「はい?僕以外の誰がこの控室に入ってくるんですか?」

    「いや、あまりにも……」


    「あまりにも、何です?」



    と言いながらも、ヒョンが驚くのも無理もない。

    今の僕は”チャンミン”からほど遠い容姿をしている。




    口の端で笑みがこぼれるのを抑えるのに必死だ。




    肩にかかる金髪は耳元で三つ編みに結われ、普段から天を指すまつ毛にはマスカラがほどよく塗られている。

    唇もピンク色に染められ、同じ色のひらひらとしたレースの下に白い短パン姿。

    足は少し筋肉質かもしれないけど、女性に負けないほど細い自覚は正直ある。





    そして、何より違うのは…



    「それ、詰めてるの?」

    「これですか?」


    性別上、絶対にありえない胸のふくらみ。

    「そうです、結構リアルでしょう?」

    自分で、寄せたり上げたりして弄ぶ。


    「ヒョンもしたいですか?」



    いたずらっぽく尋ねると、

    「ちょっと触ってみたい・・・」


    「ふふ、どうぞ。」

    ヒョンの目の前に胸を突き出し、少し谷間を作るように手のひらで胸を持ち上げて見せた。


    「別に、寄せなくていいって!」


    「何照れてるんですか?」


    「……そんなんじゃないよっ」

    言い訳する耳がほんのり紅い。



    人差し指で恐る恐るつつく。


    もちろん神経は通ってないから何も感じないけど、妙にドキドキした。








    「やっぱり偽物だね、本物とはさわり心地が違う。」


    予想とは違う感想にピクっと無意識に頬が引き攣り、


    「本物が恋しいですか?僕にはありませんもんね。」

    思わず、険のある言い方をしてしまった。




    僕の低めトーンに、

    あ、という表情をした後、

    「ごめんチャミナ、そんなつもりじゃなかった。」



    「……………。」


    僕の手首を引こうとする指を振り払って、そっぽを向く。


    「チャミナッてば!」


    更に強い力で体ごと引き付けられた。

    「あ……!」

    油断していた僕は体制を整えられず、勢い余って二人してソファに沈んだ。

    受身が取れなくて、思いっきり体重をかけてしまった。

    衝撃から僕を庇うためか、後ろ抱きするような格好で羽交い締めにされて身動きが取れない。


    「ユノヒョン、大丈夫?」




    怪我はしてないだろうか…と思いつつ本当は、背中に鼓動を感じるようで、

    いたたまれなくて早くこの場を逃れたかった。




    立ち上がろうと足に力を入れたが、腕ごと拘束する力を振りほどけなくて体重ごと彼に預ける格好になる。



    「……………ヒョン?」




    「チャミナが許してくれるまで、このままでいるから。」

    ぎゅっと、手に力がこもる。



    「……………………………。」


    苦しくて、心地いい。

    「チャミナを傷つけることなんて、したくないのに。」

    こんなたわい無い僕の怒りに真っ直ぐに向き合ってくれる。

    ヒョンの言葉になんだか、怒っていた自分がバカみたいになっていた。



    「僕、怒ってませんよ。」



    「ほんと?」


    「ほんとです。」


    「こうしても?」


    そう言って、ダミーの胸を鷲掴みにする。


    「やっぱ、この感触は久しぶりだな……。」



    「や……っ!ヒョンのバカ!」


    「ふふ、でも偽物だから感じたりはしないでしょ?」



    言いながら、僕の首元に顔をうずめた。


    「……チャミナ、香水もしてるの?」



    「少しだけです……。」



    香水を変えるだけでも女性らしくなるから、とレディス用の香水を振りかけられた。



    「僕、勘違いしそう……。」


    「何を?」


    「チャンミンが女の子になっちゃったのかって……。」

    つぶやきか吐息か、熱い唇を首筋に受ける。


    「ンっ……。」


    腰にはすでに男の証を感じる。

    「ヒョン……言っておきますけど……ッ」








    「ダメ?」




    それは今ここでってこと?










    「……………。」



    「いいじゃん?」





    僕は………何を葛藤している?


    良いわけがない。



    この部屋は僕たちしか使わないけど、誰が入ってくるとも限らない。

    見られたらどうするつもり?





    それにまだ仕事中。


    ヒョンは打ち合わせだけだけど、僕はこれから撮影がある。

    事後に冷静にいられる自信がない。






    「……何迷ってるの?」


    ぐいっと数度腰を突き上げて、ソレを連想するような仕草を仕掛けてくる。



    「あ……っ、もう!」



    「こっち向いて。」



    「……………なんでです?」


    「チャミナ、こっち見て。」

    微力な抵抗も一蹴された。


    身体を180度ひねり、ヒョンを押し倒すような恰好になる。


    途端にぐっと頭ごと引き寄せられて、

    「ン…ぅ…んん…。」

    唇が触れ合う前に、舌同士がねっとりと絡み合う。






    このキスで完全に身体が燃え上がった。





    顔の角度を変えながら、無意識に背中をくねらせる。


    僕のお尻を衣服越しに鷲掴みにし、固定するように自分の腰をぶつけてくる。



    「ン……っはぁ……あ…ん…ンン…ん。」

    鼻から抜けるような声が、次から次にあふれてくる。



    さっきまで二の足を踏んでいたのが嘘みたいに、前が苦しい。


    そんな僕を知ってか知らずか、ヒョンの手がズボンに伸びる。





    ベルトもなくて、ボタン一つであっさりと脱がされた。


    「まだイッてないよね?」


    「え……?」


    「もう、ドロドロだけど。」


    男性用の下着から顔を出すそれは、透明の液体で糸を引いている。


    しかも、先端だけでなく下着を濡らし幹を伝うほどに流れ出していた。



    「や……。」

    自分の予想以上に身体が反応していることが恥ずかしい。

    人差し指でくるくると切れ込みから頭の部分を撫でられる。




    指先にトロリとした液体が長く糸を引く。

    「チャミナも、気持ちいいんじゃん。」


    「……………ッ」

    少し嘲笑するようなヒョンの声がさらに血流を激しくする。







    「アレ取って。」


    あれ、と言われてすぐ様ヒョンの上から降りバッグに手を伸ばす。

    ついでにズボンも下着も脱ぎ捨てた。



    中から取り出すのはエチケット用のコンドーム。




    2個だけ手に持ち、先ほどと同じ場所に戻ってきた。


    そして、一つは慣れた手つきで自分のものへと装着する。




    そしてもう一つは………。


    「早く、つけて。」

    そう。


    それは自分がしなければいけないことはわかっている。


    ヒョンのベルトに手を伸ばし、チャックを下げると中からは完全に大きく膨れ上がる性器が現れる。

    血管が浮き上がり、どくどくと脈動を繰り返す。

    思わず、ごくっと生唾を飲み込んだ。

    時折、別の生き物みたいにぴくっと動くのを見ると背筋から性感が這い上がってくる。



    目が離せないでいる僕に

    「ふふ、すぐ挿れてあげるからね。」

    優しい声で囁く。


    そっと手のひらで包みこむと、滾る熱が皮膚を焦がした。





    上下にしごきながら無意識に口を寄せようとすると、


    「チャミナ、口でシテくれるのは嬉しいけど時間ないんじゃない?」



    「あ……。ごめんなさい。」

    また羞恥でカッと身体が熱くなる。


    「謝らなくていいよ。帰ったらゆっくりシテもらうから。」



    「はい…。」



    すぐさまヒョンにもコンドームをつけて、再びキスをする。




    そうすると、ヒョンの指が僕の足の間を超え、その向こうの孔へ伸びてきた。

    入口でしばらくぐりぐりと刺激を受けた後、つぷっと第一関節まで侵入してくる。



    「んん……!」



    喉で喘ぎながらも口交はやめない。

    というか、やめられない。


    「ん…あぁ…はぁあ…んん…。」


    僕の頭がショートしている間に、指は二本に増えていた。



    「はぁ………あぁんッ!」


    「もう、後ろだけで濡れるようになってきた。」


    「え…もう、わかんない…。」


    「いいよ、チャミナはわからなくて。僕だけが知ってればいい。」

    いいながら、自らの指に唾液を垂らしてゴムに覆われたペニスの上に塗り込めた。






    「乗って。」





    たった一言の命令にすんなりと身体が従う。




    「ンぅうう………。」

    襞が押し広げられ、ずぶずぶと中を指し貫かれる。

    苦しいのは最初だけ。


    あとは僕とヒョンだけの快楽が待っているのだ。











    「あ…あ…あ…あ…。」


    重力に従って腰が落ち、根元まですっかり飲み込んだ。


    「ンンッ…ィあ…ぁ……あ………うぅ…はぁ…。」

    苦しくて肩で大きく息をつく。



    「きつい…?。」

    湿った息から沁みるような感想。

    僕の手を探し出し、指を絡ませしっかりと手を握る。



    「ううん…気持ち……ぃです。…。」


    「これからもっと……、良くなるよ。」



    ぐっと下からえぐるように腰を動かした。

    「あ………っ!」

    ガクっと頭が揺れて、肩からパラパラと金色の髪が落ちる。


    快楽を味わうまもなく、激しく最奥まで突き上げられる。

    内臓を突き進み、ヒョンの凶器は脳の芯まで突き動かした。




    「ぃあ……!ダメ…待って……。」



    「動いてたら馴染むから。」

    イジワルく笑って、休むことなく僕を突き動かす。


    「ひ…ぃあ……イイぃああ………。」


    もう、意味を成す言葉はない。


    「ぁ……チャミナ…す、すごい。この体勢だと感じやすいのかな?」

    「わか……んない…っ…」

    「その泣いてる顔、可愛い。ほんと女の子みたい。」

    喉まで大きく体をのけぞらせて、ぶるぶると震える。





    無意識にヒョンの分身までもきつく締め上げていた。


    「あ……気持ち…ぃ。も…動くよ。」



    「ひ……ぃあ………!!!」

    腰に手を添えて、ガンガンと牡の攻撃を受けたら、

    完全に理性は吹っ飛んで、高い嬌声が出てしまった。



    「あン!!…あぁ!」


    「チャミナ!あんまり大きい声出すと外に聞こえるっ」

    慌てたヒョンの声。


    自らの手で口を塞ぐが、酸欠になって目じりから涙があふれる。

    そんなこと言われたって、声を出すなっていうほうが無理だ。


    「ん…ンン…ふぅ……んん。」



    「もっと楽しみたかったけど、無理かな…。」

    そんなセリフすら、自分が認識できたか怪しい。



    「あ…!」

    再び、するどい衝撃が下半身に届く。

    ヒョンの切っ先が弱いところをぐりぐりと責めてくる。


    「や…そこ………あぁ……ぁあ……。」


    何度も何度もしつこくこすられると……。


    「あぁ…ヒョン!ヒョン!……あ!やぁ………!!!!」


    すべての血液が体の中心へと集まって、出口を求めて外へと出る。

    同時に女性として扱われる器官は、中を犯す凶器を搾り取るように締め上げた。


    「あ…うぅ…!イク…ッ!」


    「あ…あ…あぁ……ぁ……ヒョン…。ユノヒョン。」


    ゴムの中に数度に分けて体液が打ち出される。


    男としての快感と、女としての快楽を同時に味わわされて思考の糸もつかめない。




    真っ白な視界の中、ヒョンの何かを探す。

    すかさず捕まえてくれて、指をからませた。
















    射精後に訪れる急激な疲労感から、ヒョンの厚い胸板にぐったりと倒れこんだ。

    何も言わずただ僕の金髪を撫でてくれるその手のひらに、変わらぬ愛を感じるのだ。





































    「ヒョン、いつもより早かった?」


    後始末を済ませて、もう少しで仕事に戻る間際。



    「……チャミナがいつもと違って、可愛かったから。」



    「いつもの僕は可愛くないです?」



    「違う。いつも可愛いけど、今日は特に可愛かった。」



    「ヒョンは女の子が好きなの?」



    「ヒョンはチャミナが好きだよ、知ってるでしょ?」



    「うん、知ってます…。」








    その声でその言葉が聴きたかっただけ。























    END

















    あとがき。










    噂では、男に慣らせれた男は感じると濡れるらしいです。

    ※BL漫画情報


    真実はどうなんだろ………(ま、知らなくていいことだけどな。)




    実はえっちが始まるシーンでは、最初ローションを使う予定だったんですが

    常にローションを持ち歩くアイドルって……wwww

    ってなって自然の摂理に任せることにしました。









    最近しむ3姉妹を見すぎたせいか、チャミを女子にするのに苦労しませんでした←

    ユノ×シムで百合妄想とか新開拓できそうwwww



    今回の話は一週間位かけて書いたので、久々疲れました(^_^;)

    いつもは3日かかりません。

    修正するたび、言わせたいセリフ・させたい行動が次々出てきて収集つかないwwwww


    ほんとはえっちのとこもっと長くしたかったですけど…………。





    気が向いたら加筆修正するので、また遊びに来てください♪





































    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ

















































    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(3)  ✤  trackbacks(0)
    2015年01月23日(金)  22:30 by ai
     ✤ Comment






    1789:(″ノдノ)キャー
    待ってました(´;ω;`)
    aiさんのホミン小説!!
    しかも私の大好きな楽屋設定←知らんがな(笑)

    はぁ…ありがとうございます。
    これで多分1年は頑張れます(笑)

    COEX行ってきました♪
    そしてOZ見てきましたよ~
    シムリーちゃんクソ可愛いいうえ、
    ホットパンツが美脚過ぎて思わず自分の醜い足を叩きました(笑)


    レポ書いてるので良かったらブログ遊びに来てくださいね(o´艸`)

    withコン会いましょうね!
    そして今度こそ飲みましょ♡
    陽 ✤  2015/01/26 00:50 ✤  [編集]
    1790:Re: No title
    > 鍵コメM様
    コメントありがとうございます(´∀`*)
    遅りぷすら開き直りつつあります(^_^;)ごめんなさい……

    どうなんでしょうか?
    腸液は初耳です。人体の神秘ですね~w
    実際女子には知らなくていい世界ですが……←いや、ある意味重要なんですがw

    最近、ホミンちゃんは一周回って百合臭がすごいです(笑)
    これ以上美しくなっちゃうと辛いんですけど(´;ω;`)
    でももっとやれ!!←結局www
    ai ✤  2015/02/01 23:57 ✤  [編集]
    1791:Re: (″ノдノ)キャー
    > 陽さん、コメントありがとうございます!!

    最近ホミンを見かけない、ということだったので書いてみました(笑)
    少しは需要があるみたいで安心www

    しむりーちゃん見てきたんですね!!
    裏山です~!!
    っていうか陽さん、フットワーク軽すぎです(笑)
    いいなぁ♥
    レポログ、拝見させてもらいますねヽ(・∀・)ノ

    ぜひぜひ飲みたいです~♥♥♥♥
    どちらに参戦ですか?
    ひとまず、またラインしますねヽ(*´∀`)ノ


    ai ✤  2015/02/02 00:06 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/329-c92a9f78

     ✤  BLOG TOP  ✤