Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ cooking ~その後~
    Posted on 11.2012
    小説です。


    ホミンです。


    カテゴリーR18です。



    以前書いた小説



    cooking ~part1~

    ↑ここから飛べます


    その後を書いてみました。


    そのままやっちゃう?!

    はたまたバスタイムか?!


    そんなのどーでもいーことですけど、少しでも興味を持っていただけたら





    閲覧自己責任にて、







    続きを読むからどうそ。















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング


    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ






















    ぬるめに設定したお湯がシャワーからふりそそぐ。

    がしがしと頭を洗いながら、

    「チャンミ~ン!!早く~!」


    叫べば少しの間のあと、、ガラっとドアが開き、

    「ヒョンっ!服を脱ぎ散らかさないでって何度言えばわかるんです?」


    「ごめん~。そんなに怒らないでよ~。」



    「謝るだけだったら、幼稚園児にもできます。」

    少しも悪びれない僕は、浴室に入りながらのチャンミンに説教を食らった。


    「チャンミン厳しい~。」

    眉を下げて哀れ感を演出してみたが、



    「誰のせいです?」

    お小言モードのチャンミンには効かないらしい。


    「もうごめんったら、早く背中の流しっこしよ。」


    言っても聞かないとわかったのか、大きくため息をつきながら、

    「…はい。」






    「さっきのカルボナーラおいしかったよ。」



    一列に座ってチャンミンの背中をこすりながら改めて感想を言えば、

    「当然です、誰が作ったと思ってるんですか?」

    照れ隠しのような強気の言葉。


    「ふふ…。」

    「……何がおかしいんですか~?」


    「別に。」


    ただそんな君が可愛いと思っただけ。





    たっぷりの泡に包まれたスポンジで、大きな背中を優しく洗う。

    彼の背中は広いけれど、繊細でしなやかだ。

    無駄のない筋肉が繊細さの中にも男性的な色気を醸している。



    とても魅力的だと思う。

    スポンジを洗面器に沈め、手のひらでその背中をなでる。


    そしてそのまま手を前面にまわした。




    すぐさま胸の突起をとらえる。

    「んぁ…」

    体を密着させて、今度は両手で硬く尖るそこをつまみあげた。

    「はぁ…」




    反応を確かめながら、左手ではそのまま粒を指の腹で可愛がりながら、
    右手は兆しかけた中心へもっていく。


    「さっき出したのにね。」

    「だって…」


    泡の助けを借りて、ゆるゆるとしごきあげればすぐにへそにつくほどに勃ちあがった。

    更に数度往復したあと、



    「泡、流してあげる。」

    あえてその状態で立ち上がらせシャワーのコルクをひねった。


    肩から背中、腹へとゆっくり洗い流していく。



    「ん…ぁ」



    大きく膨張するその場所は特に念入りに。

    「ヒョン、もうソコはいいですから…」



    「ダメだよ、ちゃんと綺麗にしてあげないと。」


    いいながら、当てる距離を変えながら攻めたてた。

    「ぁああ…もう…ユノヒョン…。」




    小さく声をあげながら僕の肩に支えを求める。

    勃ち上がった蜜口はパクパクと開閉し、先走りをあふれ出させている。




    ぐいっと顎を持ち上げ、唇を吸い上げれば大きく口をあけ僕の舌を迎え入れてくれた。

    舌先でなめ合ったり、歯列をなぞったりしながらもお湯の針は狙いを定めたままだ。



    「はぁ…ヒョン、ヒョン。」


    「何?」


    うわごとなのか、それに答えずひたすら鼻から抜けるような声で感じるだけだ。






    再び口づける。


    「んん…んっ」

    ちらっと見やれば、絶頂が近づくのか幹がピクピクと震えている。


    肩にしがみつく指がきつく食い込んで、彼がいかに感じているかを僕に教えてくれる。



    余った手で胸の先端をとらえれば、

    「んん!ふっぅ…ぁああ」



    こねるように強く指を押し付ける。

    「ん~……んん」



    唇を離し大きく喘いだ。

    「あぁ……っヒョン…!ぁあ…もうっ…はぁ」




    「ん、気持ちよかったら、イっていいよ。」




    その言葉に安心したのか、ぎゅっと胸の突起をつねりあげた瞬間、

    「あああ…!!っぁぁああ……ん!!」




    僕の首にしがみついて、腰を震わせながら快感の蜜を放った。







    シャワーの水ともにその液体は流されていく。





    「ハァ…ハァ……。」


    僕にきつくしがみつき肩で息をしながら、快感をやり過ごすところに、





    「今度は僕も気持ちよくして。」

    言いながら浴槽の縁を背に、少し足を開いて座る。



    絶頂の余韻に浸るチャンミンの手を引き、

    「乗って。」



    言われたとおり、僕の腰をまたぐように膝をつきうつろなままゆっくりと腰を落とした。


    「ぁ…っ」



    先端を飲み込まれる感覚に思わず、息をのんだ。

    慣らさなくとも、一度の射精ですぐに僕のすべてを飲み込んだ。




    「ああ…」





    すぐに訪れたえもいわれない充足感に、喉をそらして感じている。



    腰を使いたい衝動を抑えながら、僕はそれを眺めた。





    「…動いてみて。」


    その言葉に突き動かされるように、尻を持ち上げそしてゆっくりとおろす。

    そのスピードは徐々に速くなり、僕を翻弄していく。


    「あ……んぁ。」



    「ぁ…チャミナ…。」





    しなやかな腰をさすりながら、目をつむり体が感じる感覚に身をゆだねた。


    浴室内には結合部からもれてくる音と肌がぶつかる音が響き渡る。

    それが自分たちの状態を教えてくれるようで興奮を誘った。






    動きにあわせてぷるぷると震える性器を握り込むと、

    「あ…触らないでください…!」

    僕の手を抑え抗議する。



    「ん…どうして?」



    「またイきそうになるから…。」


    「イっていいじゃん。」


    「や……。もう一人でイきたくないです。」


    感じながら、目を潤ませながらそんな殺し文句を投げかけられれば、

    「チャミナ…。」



    水がぽたぽたと滴る前髪をなでながら、




    「僕も一緒にイきたいな。」

    いいながら、数度ぐいと腰を突き上げた。




    「ぁ!ああっ…!!だめ…っ」


    だめ、という彼の言葉を無視して最奥まで突き上げる。



    「や…っ!んぁ…!もうイキそう……。」

    そのセリフに握っていた先端に指を食い込ませて、射出を抑えた。


    「んああああっ…」

    塞き止められた快感が、彼の内壁に大きな収縮を生む。



    「んん…チャンミン、締めすぎっ」


    気を飛ばしかけている彼はひたすら泣き続けるだけで、もはや動くことすらままならないようだ。

    だが、僕自身もすぐそこに絶頂が見えている。




    欲望の赴くまま壁をこすりあげれば、それに応えるように僕を絞り上げる。


    「ぁあ…!あっ!チャンミン、イくよ……っ!」



    同時に性器を握りこんでいた手を離した瞬間、



    「ん……ああああああ!!!」



    浴室に絶叫が響き渡った。

    先ほどとは比べ物にならないうごめきが、僕を襲う。






    「うあっ!!ん…あぁ…ぁぁ…。」


    そして僕もまた彼の中にすべて注ぎ込んだ。














    「はぁ…はぁ…はぁ」

    荒い息を吐きながら僕に抱きつく彼だ。



    「チャミナ…可愛かったよ…。」

    まだ息の整わない口を覆った。



    「ん…ヒョン。」



    自分の腹に散った白濁が、彼の快感を伝えてくれているようでなんだか嬉しかった。





    このままずっと彼の中にいたい。


    ずっと繋がっていたい…。














    だけど。



    しばらくした後、僕から収まりを抜いた途端に、

    「あ、ヒョン!シャワー出しっぱなしじゃないですか!?」


    「えっ?!だってそれどころじゃなかったから…」


    「もったいないでしょう?」



    「えっと……ごめん」







    ……さっきまでかわいく喘いでいた僕の奥さんはどこへ行った?




    「じゃあヒョン、今度は僕が背中流してあげます。」


    「ありがと~チャンミン。…でもなんか手に力がこもってるように見えるのは気のせい?」



    「気のせいです。愛情こめて洗ってあげます。」


    なんだか怖いけれど、

    「チャンミナ~優しくしてね。」


    ちゅっと唇でつまむようにキスをすれば、


    「……しょうがないですね~。」


    はにかむように目をそらす。




    でも結局は全力で背中をごしごしされて痛い目をみるのだけれど。







    それでも、やっぱり。
    ほんとうに。僕の奥さんって可愛い……。
























    END

















    あとがき。


    連休のあとって仕事が立て込むから嫌です

    構想だけは頭にあるのに文章にする時間がないので、

    忘れそうで怖い…



    なんせ、



    3歩あるいたらすべて忘れる

    にわとり脳の持ち主だもんで。





    いくつかのネタがド忘れのリスクを背負った脳の中に放置されているので、


    さっさと文章にしたいですwww







    さて。

    以前書いたホミン小説の続編書いてみました。


    タイトルはcooking のままにしてますが、今回の話は料理要素一切なしwww


    とにかくヤらせたかっただけです、すみません…www








    今度はこんなチャミ様とか、
    辟。鬘・88_convert_20120511000517
    こんなチャミ様とか。
    100225_changmin05.jpg
    こんなユノ…鼻血萌え…ハァハァ
    2010021411490784bs - コピー


    とかで妄想できならいいなぁ…と思いつつ。







    今後加筆修正繰り返すと思いますがまたのぞいて頂ければと思います。













    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ






























    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(1)  ✤  trackbacks(0)
    2012年05月11日(金)  00:20 by ai
     ✤ Comment






    36:Re: 本当に・・・。
    >鍵コメ Y様
    いつもコメントありがとうございます!
    この話は、Part2で終わらせるはずだったのですが、
    Y様に続編があれば…と言って頂いたので誕生したお話ですので、逆に感謝しています❤

    ちなみに頭に入ってるといってもふわふわでぼやっとした妄想が放置してあるだけなので、
    ストックといえるものではないですWWW

    なんとか話としてまとめてあげようと思いますので、覗きに来ていただければと思います。
    ai ✤  2012/05/12 16:07 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/46-29f4cba5

     ✤  BLOG TOP  ✤