Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ 僕のペット ~part1~
    Posted on 17.2012
    小説です。


    ミンホです。


    カテゴリーR18です。


    どMユノまんせー!!!


    と声高らかに叫ぶどMユノペンのくせに、


    こんな垂涎的シチュエーションを見逃すなんて!!
    995_convert_20120511004713.png

    セクシーポーズをとるユノ。
    9991.png


    お…お胸…ハァハァ
    ナニからナニまでMっぽい…。

    988_convert_20120517225215.png

    333_convert_20120517225128.png

    セクシーなのにM臭がする……
    6553_convert_20120517225236.png


    くそ~なんてかわいいんだ!!



    それに比べチャミ様…ポロリ頂きました…ハァハァ
    666_convert_20120517225152.png

    それで殴ってください!
    6662_convert_20120517225256.png



    それがだめなら、叱ってください!
















    まぁ願望はおいといて。








    今回結構変態はいっちゃってますけど、妄想満載な小説を寛大な心で受け止めていただける方のみ、





















    どうぞ。







    繰り返しますがひたすらエロなので、ご注意ください!












    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ





















    「何これ。」



    ベッドに座るヒョンの目の前に置かれた、マゼンダの鎖と首輪。


    「スタッフからもらったんですよ。」


    「これアルバムのジャケット撮影の時に使ったやつだよね?」


    「そうですよ。」


    「なんでスタッフがくれるの?」


    「僕がください、ってお願いしたからです。」


    「は?なんでこれが必要なの?」

    アーモンド型の目をまるくして聞いてくる。




    「そりゃあ……。」


    わかってるでしょ、ヒョン?







    ヒョンを下着一枚にし、首輪を巻きつける。

    ちなみにこの首輪は僕がセブンネットで注文したものだ。





    「……やっぱり、そういうこと?」



    「そういうことです。」









    それにジャケット撮影で使用したマゼンダの鎖をつなげる。

    そしてもう片方の先端はベッドの柵にくくり付けた。



    「わ~ヒョン!似合います。」



    ぱちぱちと拍手を送る僕だが、当の本人はといえば、

    「褒められても全然嬉しくない。ねぇ、はずしちゃダメ?」




    「ダメです。」



    「え~なんか苦しいよ。」



    それを無視して、

    「ユノ!お手っ。」



    「わん!」

    どや顔で僕の手のひらに手を乗せてくる。



    文句をいいながらも、ちゃんとノってきてくれるアジアのリーダー。


    「よくできました。」

    よしよしと頭をなでると、気持ちよさそうに目をつむる。






    尻尾がついてたらちぎれそうなぐらい振ってただろうな、

    飼い主の僕は、ユノが大好きなおやつをあげる。

    そしたら、もっと嬉しそうに尻尾を振る。




    そんな妄想を頭の中で繰り広げていると、僕の顔に鼻先を押し付けてきた。

    「くすぐったいですよ。」

    笑みがこぼれる唇をぺろぺろと舐められる。


    その舌先を唇で捕えた。

    「ん…」



    鎖をぐいっと引っ張り、さらに深く舌を差しいれる。


    その勢いに、

    「ふ…ぅん…。」

    僕の肩に両手をおき、のどを鳴らしてうめいた。



    舌の先同士でひとしきり舐めあったあと、


    「ヒョン…、鎖ははずしてあげます。」


    「?」


    急に心変わりした僕に驚く様子だ。



    「僕に背中を向けて、手を後ろに回してください。」


    「こう?」


    疑問も持たず、僕のいいなりのユノヒョンが愛おしい。


    「そうです、いい子。そして…これをこうして……」



    いいながら首輪から外した鎖で手早く手首に巻きつけこちらを向かせる。


    頬を優しく撫でると、


    「な、なんか恥ずかしいんだけど……。」



    「ユノヒョン…とってもよく似合ってます…。」



    「…嬉しくない。」



    「嘘。だって……」



    あぐらをかいて座り込む足の付け根に目をやれば、



    「勃ってる。」


    下着を持ち上げるように遠慮気味にアピールするものがある。




    「………だって。」




    もごもごと口の中で言い訳したって身体は正直なんです、ヒョン。





    髪に手を差し入れもう一度、ゆっくりと唇を合わせる。

    ちゅっと湿った音をわざと響かせる。




    ずっとこの瞬間を味わっていたい。


    「ん…ぅ」



    甘い甘い時間が室内を漂う。



    ヒョンよりも少し上から口づける僕を受け止めようと、体をそらせて迎え入れる。


    まだ触ってない、二つの粒もぷっくりと膨らんできた。


    唇を離し、耳でささやく。


    「ユノヒョン……、大好き。」



    そして次には、耳たぶからその縁を伝う。

    「んん……、あぁ…。」


    声を漏らしながら、身体を震わせる仕草がセクシーだ。


    カプっと甘噛みすると、ブルっと体を反応させ、

    「はぁ…あぁぁ…っ」




    自由を奪われている分、感度がいつもよりいい。




    徐々に腰が揺れてくる。



    「んん……。」


    「ヒョン、さっきより大きくなってる。」


    そう、教えてあげると、


    「チャンミン…、もう……。」




    さっきは遠慮がちだったソコも、今や更に膨張しくっきりとその形を示している。

    時折痙攣し、僕からの愛撫を待つようだ。




    本当はいっぱいいっぱい可愛がってあげたいけど、まだダメ。




    「ん?聞こえないです。」


    「だからぁ……。」



    「わかりました。キスならいっぱいしてあげます。」


    ちゅっちゅっとわざと音をたてながら、いたるところをついばんでいく。






    「違……っあぁぁっは…ぁ」





    おでこから始まり、まぶた、首、鎖骨、お腹、脇腹、太もも、すね、足の先まで。



    唇を移動させるたびによがるヒョンの動きに合わせてじゃら、じゃら、と鎖が鳴る。



    「はぁ…はぁ…」


    浅く息を吐きながら、時折ピクっと体が震えるのは他に舐めて欲しいところへの期待の表れだろう。


    巡り巡ってそして、再び唇に戻る。



    「ふっ…、んぅ……。」



    酸素が足りなくて少し苦しそうに息をつく彼は気にせず、


    「次は……。」



    と呟けば、




    「ねぇっ、チャミナ!」




    「はい?」



    「僕、ココまだ舐めてもらってない。」



    「ココってどこです?」



    「あのね………えっと……、……胸のトコ……。」



    「そうでした?」



    しれっと答えると、

    「チャンミン………お願い。」


    急にしおらしくなる。


    「ヒョンのお願いなら、いつでも聞いてあげます。ココですよね?」



    すでにピンクに染まっているところを爪でひっかくと、

    「んぁっ…!!」


    ビクっと反応したところで、舌の腹全体を使って大きくそしてゆっくり舐めあげた。


    「はぁっ!あ…あ…んんん……」


    ヒョンの感度を教えるように激しく、ガチャガチャと鎖が鳴る。


    それを確かめながら、今度は尖った先端のみをちろちろと舌先で転がす。


    「あっあぁぁ…ああっ…」



    背中を大きくそり、その一部に全神経が集中させていた。



    体が反り返ったことで、僕はより乳首への愛撫がしやすくなった。


    舌で往復を繰り返しながら、背中を撫でた。


    性的な興奮で体は紅く染まり、体温が高くなっている。



    「ヒョン、熱いよ…。」


    「ん…だって、気持ち…いいっ」


    その熱を全身で感じたくて、僕は上半身裸になり彼を抱きしめた。

    皮膚から伝わる情熱に、胸の内まで焦げつきそうだ。



    体を離し、その熱が一番集まる場所に目を移すと、


    「ヒョン、すごい濡れてる。」


    興奮で大きく膨張する端部分を下着越しに指で押すと、みるみる蜜があふれ出してくる。



    「あぅ…っ!チャミナ!あ…あんまり触るとイキそう……」




    愛液の湿りでその丸みまでくっきりと形がわかる。


    手のひらで、双果をもみながら幹をなぞりあげる。



    「あっあっあ…」



    「ヒョン、このままイッいいですよ。」


    「や…下着が汚れる。」



    嫌、と言われると反発してしまいたくなる、僕のS心。



    ぎゅっと乳首をつねりあげながら、裏筋を強めに刺激する。

    「ああ!やぁっ……!!だめっ。っあっあっあ……」




    「我慢しないで。」




    「んあぁ…!いっイク……ぅ」





    そして、ぐいっと親指を蜜口に食い込ませた瞬間、





    「ああっ…あっあっあっあああ…!!!」


    じゃらっと手首に巻きついた鎖を引っ張りながら、腰を大きく揺らし、絶頂に達した。

    体をのけぞらせ、天を仰ぐ表情はたまらなく扇情的だった。







    下着からは、じわじわと白い液体があふれ出てくる。



    「……ヒョン、なんかすごくやらしい。」



    「はぁはぁはぁ…っもう…やだぁ……。」



    目尻には涙がたまっている。




    少しいじめすぎたかな。


    だってユノヒョン、あんまり可愛いからついついいじわるしたくなる。



    ごめんね。




    この先は優しくするから。




    ………多分。






















    つづく。














    連休前から頭の中で放置されてきたネタwww

    やっとpart1あげるところにたどり着きました。



    この話、もっとシリアスで純愛にしようとしたんですけど、

    私の肌に合わず途中で行き止まり最後には全部削除しましたwww




    ひたすらエロエロで行こうと決めてからは完成まで早かったです。






    加筆修正繰り返すのでまたのぞいて頂ければ、と思います。

























    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ




    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(1)  ✤  trackbacks(0)
    2012年05月17日(木)  23:10 by ai
     ✤ Comment






    43:Re: わっ!!ペット・・・ですね。
    >鍵コメ Y様
    いつもコメントありがとうございます!!

    お祝いコメまで……ありがとうございます❤
    ビギイベはレポにするかは不明ですが、
    おそらく言いたいこと満載だと思うので、また記事にはしたいと思います★☆

    誤変換…笑ってしまいましたwww
    「腐り」は高頻度で使いますもんね!

    とにかくMユノとSチャミを楽しむ回とゆーことで書いてますので、
    そういっていただけると嬉しいです!
    2人には後半でもいろいろヤラせたいですwww

    セブンネットっていうキーワードは絶対使いたかったのでwww

    また近々続き上げますので、遊びに来てくださいね。

    ai ✤  2012/05/18 22:21 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/49-74e3f047

     ✤  BLOG TOP  ✤