Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ a moment ~前篇~
    Posted on 29.2012



    小説です。


    ホミンです。


    チャミ目線のお話です。


    カテゴリーR18です。



    軽く夏バテしてしまいまして、
    脳みそが働きません笑。


    皆様も、熱中症などには気を付けてください。


    まぁほとんどのトンペンはDVDの鬼リピで

    夏バテなんてしてる暇はないでしょう。


    ワタシもだらだらとDVDを見ながらライブの思い出に浸るのが最近の癒し。


    見ながらちょっと興奮して、一人で腕とか振り回してますけどwww





    癒しといえば、
    DSC_0173.jpg


    おいしいですね、コレ!

    話題的にはだいぶ古いですが…。



    食欲ない時に食べますけど、ヲタ貧乏の私には意外と高級品…。(←悲し…)








    さて、


    今年の6月に香港で行われた
    MUSIC BANK HONG KONG

    607103499.jpg
    o0640048012043878518_20120722213705.jpg

    この写真、自分の中でのすごく大ヒットしまして…。


    ユノがすごく綺麗。



    ツイ等では体調が悪かったとか、風邪ひいてたとかいろいろ憶測がありましたけど。


    ユノのかけがえのない一瞬を切り取った感じですごく好きです。


    一つの写真を見て何を思って、何を感じるかはその人それぞれなんで、


    ワタシがいろいろ言うことではありませんけどね






    今回エロ度低めですが、


    閲覧自己責任


    でお願いします。



    ではどうぞ。








    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ












    「…ミン」



    彼の瞳はライブ後の興奮で潤んでいた。




    「チャンミン…!」




    ヒョン…。


    その瞳が僕を捕えている。





    「チャミナ!!」



    はっとした瞬間、ヒョンしかいなかった世界に、


    はっきりとした景色が認識される。




    「どうしたの?ぼーっとして。疲れた?」



    「いえ、大丈夫です…」



    とっさに目をそらす。



    言えない。



    僕の口からは絶対。






    「そう?」





    今日のヒョンがとても…、とても綺麗に見えたなんて。


    隣で肩を並べて踊る僕ですらその美しさに圧倒されてしまった。


    いや、誰よりも近い場所にいるから?




    「変なチャンミン。」



    そういって目を丸くするヒョンは、

    僕が圧倒されたユノ・ユンホとは全く違う人物に見えた。




    差し入れのお菓子を口いっぱいにほおばって、ハムスターのように頬が膨らんでいる。


    こういっては失礼だが、カリスマ性のかけらもなかった。


    だが。



    数分前に僕と同じくステージに立っていたヒョンは、東方神起のリーダーは、

    間違いなくカリスマで、確実にペンを魅了する歌手だった。





    「チャンミンも食べたら?」


    お菓子を差し出されて、大人しく受け取り口へ運ぶ。




    「おいしいね!」

    そういって笑うヒョンは僕のよく知るヒョンだった。




    踊っている時とは真逆。


    実際の年齢よりずっと若く見える。


    その表情はマンネの僕が言うのは変だが、とても可愛かった。





    ヒョンがいつもと違う?


    それとも、僕が違うのかな?




    考えなくてもわかる。



    今日の僕は何だか変だ。



    ヒョンの一つ一つの表情に、ひどく振り回されている。






    「おーい、帰るぞ。2人とも」


    マネージャーの催促の声。


    「はーい!」


    元気よく返事をするヒョンの横で僕はまだ、

    いつもの落ち着きを取り戻せないでいた。



    2人して車に乗り込む。


    車が発信するや否や、







    「チャミナ~。どうしたの?」


    再び、質問。




    「いえ。何もないですよ。」


    「体調悪い?」





    「そんなことないです。」




    「少しでもおかしいと思ったら、すぐ言わなきゃ。」



    僕の体を気遣ってくれるのはとっても嬉しいけど、


    今日の僕には近づいてほしくない。


    ヒョンの事を意識しすぎて、自分が自分じゃないみたいだから。





    「……………。」





    ややあって、


    「ねぇ、ちょっと2人にしてもらえる?」

    突然、マネージャーに告げる。




    「え?」





    「用事が終わったら、また連絡する。」



    「ちょっと…、」



    正直、今ヒョンと2人にはなりたくなかった。


    今2人になったら、僕の心臓は破けてしまうかもしれない。





    ばたん。



    無情にも扉が閉まり、狭い車内でヒョンと2人だけになった。




    ドキドキと早鐘を打つ心臓の音が聞こえてしまうような気がして気が気じゃなかった。




    まん丸の瞳で、





    「さ、話して。悩み事?」


    ぐいっと、顔を近づけてくる。



    「ほんっっとに何もないんです!」



    何年も一緒にいるヒョンを、今更意識するなんておかし過ぎる。




    僕はなんだか恥ずかしくなってきて、強い口調になってしまう。



    「そんなことないよ、絶対何かあるんでしょ?」



    「何も…ないです…。」

    自分の顔がすごく赤くなってるのがわかって、もうヒョンを見ることはできなかった。



    「熱?」


    頬に触れる手にビクっと過剰な反応をしてしまう。



    「ち、違うんです。」




    「でも。」



    でも、といいながら僕の首に触れる手のひらはすごく冷たくて気持ちがよかった。



    「チャンミン?、すごく熱いよ。」


    だた、触れられてるだけなのに息が上がっていくのがわかる。





    自分がどんな表情でヒョンを見ているか、知りたくもなった。


    「チャミナ?」


    眉を下げて、少し目を細めて僕を見る。



    呼びかけに思わず目を合わせる僕は、ただその目をみつめ返した。



    刹那的な、純粋な瞳。


    カリスマ性を備えながら、少年のように無邪気で、時に女性のようにセクシーで。


    いったいいくつの顔を持つのか。



    ずっと一緒にいる僕でさえ、まだ見たことのない表情があるはず。



    今日のヒョンは僕の出会ったことのない、ヒョン。







    ……お願いです、そんな顔で僕を見ないでください。




    初めてであった時のように、好奇心と不安と。


    でも、気になってしまう気持ち。







    なんだか、変な気分になってくる。





    うっすらあけた口から、浅く息が漏れる。


    自然と僕の両手はヒョンの肩を抱いていた。


    「…チャンミン?」


    言葉は出なかった。





    でも、自分がどんな表情でヒョンを見ているかぐらいはわかる。


    きっと、淫売のような欲情に満ちた顔だ。






    認めたくないけど、身体は正直に反応していた。



    「…ヒョン…。」



    「チャンミン…。あんまり誘わないで。」



    真摯すぎる表情。


    言うが早いか、唇をその唇で食まれる。



    「んんん…!」


    強い吸引に呼吸すら、危うい。



    ちゅ…っと唾液を引きながら、息継ぎをし再び…今度は自分から大きく舌を味わう。



    僕の肩を強くつかむ手は、やがて僕の手の平を探し当て強く握りあう。


    粘膜の絡み合う音が車内に響き渡って、ぞくぞくと僕をその気にさせていく。



    ヒョンは、舌で口内を舐め回し時に深く侵入し、時に優しく唇をなぞった。



    ちゅ…ちゅ…っと湿った音だけが鳴り響く。



    どこもかしこも触ってほしいかったけど、ずっと赤ちゃんみたいに唇を吸うのもいいかなとも思う。





    髪に手を差し入れられて、角度を変えては口内をなぶられる。



    「はぁ…、ヒョン、今日の僕はなんか変なんです。」



    「どんな風に?」


    「わ…かんないんですけど、ヒョンが…」


    「僕が?」



    「気になって…、初めて会う人みたいで。」



    「?」


    よくわからない、というように首をかしげる。



    「今日のヒョンは、僕が知ってるユノヒョンとは違ったんです…」



    上目づかいに言葉を投げかければ、その誘いに乗って再び僕の口はふさがれる。




    「ん…、はぁ…」





    「僕はいつも僕だよ。チャミナのヒョンでしょ?」



    知ってる。



    僕とこんな風にキスしてくれるはヒョン以外に知らない。





    「ユノヒョン…。」




    「このまま、する?」





    「あ…。」




    すぐにすべてを満たされたい気持ちと、


    宿舎で、じっくり僕を味わってほしい気持ちと二つがないまぜになってただ、くらくらとしていた。




    「……ゆっくりシて。」


    なんとか言葉がでた。




    やっぱり車では恥ずかしい。



    誰に見られるかもわからない。


    声も、身体もヒョンにしか明け渡したくない。







    「…もしもし、宿舎に送って」


    ヒョンの冷静な声が少しだけ、僕を冷静させた。








    帰路に付く途中、僕たちはずっと無言だった。



    もう少ししたら、愛し合える。



    そんな期待と興奮で、いっぱいになっていた。



    ヒョンはいつも通り、窓から流れる景色を眺めていた。






    そっと太ももに手を這わせると、ちらっとこちらを見、





    いい子だから、おとなしく待ってて。



    唇の動きで、たしなめられる。







    「お疲れ様。」




    事務的なねぎらいの言葉を背にエレベータを昇る。



    扉が閉まった途端、耐えきれず僕から体をすり寄せキスをねだる。



    モーター音が遠くで聞こえる。



    「ん…チャミナ、もうちょっとでつくよ。」









    解ってる…けれど体は求めてるんです。





    ヒョン…早くシて。




    ヒョンが僕のヒョンなのを、いつものヒョンなのを

    早く教えて欲しいんです。

















    つづく。















    あとがき。



    続きます。



    ユノとボアのダンスを見て、また不思議な感覚に陥ってます。


    嫉妬心と、ユノの魅力を殺さず上手に自分の魅力を引き出すボアのすごさと。



    トンペンチングがいってましたけど、



    悔しいけど、すごく似合ってた。



    わかります。




    けれど、新しいユノが見れた気がしたんでボア姉さんに感謝しなければ。



    でも、やっぱりちょっと嫉妬しちゃいます









    ほんとはもっとタイムリーなお話が書きたいんだけどな~。



    ビギDVDにはあんなにたくさんの萌えが詰まっているとゆーのに!!!



    冒頭にも書きましたが、暑さで脳がやられてますwww






    次回は暑さを吹き飛ばすエロエロに走っちゃお☆☆笑


    暑さに勝つにはエロしかない!!!(←そんなことはない)




    加筆修正繰り返すと思いますので、また遊びに来てくださいね。



















    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ







    cetegory : ホミン小説(R18)  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
    2012年07月29日(日)  20:58 by ai
     ✤ Comment






    149:うふふ。
    aiさん、こんにちは。

    うわ!!
    久々にチャミさんが可愛くて萌えてしまいました。

    自分の知らないヒョンが
    早く自分の知っているヒョンだと知りたいチャミ。

    その不安な表情とか
    求めてしまう表情に

    切なさを感じてしまいました。

    続き!お待ちしますね!!


    あっ!豆腐そうめん風、画像ありがとうございます。
    初めて見たので!うひゃ―です。
    熱い夏にぴったりかしら?と思いましたww
    yuki ✤  2012/07/31 16:53 ✤  [編集]
    150:Re: うふふ。
    > yuki様
    いつもコメントありがとうございます!

    久々のホミンで可愛い目のチャミを書いてて
    自分で楽しかったです❤
    若干ホミンの書き方を忘れつつありましたww
    自分の中のチャミってどSでガンガン攻める感じが好きなので…
    後半も切ない系で書いていきます☆★

    とうふそうめん風は食欲ないときにぴったりです!
    そして普通においしい…
    是非食べてみて下さいv-10
    ai ✤  2012/08/01 22:52 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/79-95b012cf

     ✤  BLOG TOP  ✤