Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ ねがい
    Posted on 22.2012
    小説です。

    今回も強めのエロです。


    ミンホです。
    ユノを結構M目にしてます。


    苦手な方は避けてください。



    閲覧は自己責任でお願いします。



    では、どうそ。























    「チャンミン~…、ねぇそんなにおこらないで。謝るから、ね?」


    ね?とかわいく言っても、僕の気は収まらない。




    「別に怒ってなんかいません。」

    それは真っ赤なウソ。すごく怒ってる。




    「だったら部屋から出てきてよ。ドア越しに会話したくない。」


    「一人になりたい時だってあるんです。放っておいて下さい。」













    長すぎる空白のあと、


    「わかった……。」


    消え入りそうな声とともに、



    シュン……





    と、ドア越しに聞こえてきそうだ。



    ―――――でも、ヒョンが悪いんですからね。




    そもそも、僕がなぜ腹をたてているかと、ヒョンのクセが関係している。

    ヒョンは仕事以外には元来のめんどくさがりで、宿舎に忘れ物を取りに帰るときは、
    土足で室内に入る。




    今までも散々注意してきたが、治す気配もない。







    そして昨夜……




    昨日は夜からの仕事で、暗い中宿舎を出た。
    携帯を忘れた彼は、急いで宿舎に取りに帰ったのだが、



    電気もつけず、やっぱり土足で部屋に入った。



    そこで……。



    リビングにおいておいた僕のお気に入りのTシャツにヒョンの足跡がくっきり残っていた。




    仕事をこなした後、言いにくそうに彼の口から事の顛末を聞いた僕はものすごく腹をたて、




    「僕、何度も何度も注意しましたよね?もうヒョンなんて、知りませんっ。」




    言ったきり、部屋にこもりっぱなしだ。




    さすがに僕がここまで怒ると予想していなかったヒョンは慌てて謝罪してきた。




    「もう土足では入らないから。許して、チャンミン~。」






    ――――――ふん、今さら言っても遅いんです。




    見事に綺麗な靴の裏模様がついたTシャツをちらっと見、またふつふつと怒りがこみあげてきて、





    「放っておいてください!」




    となったわけだ。










    その15分後。



    再び、コンコンとノックの音が聞こえてきた。


    「チャンミン~。ピザのデリバリー頼んだよ。おなかすいてない?」




    僕は、もちろん返事すらしない。


    ……というか、僕を食べ物で釣ろうなんて甘いんです。





    「……チャンミン。ごめん、もうしないって約束するから、一人にしないで。ね?チャンミンのお願い何でも聞くから……」









    最後のひとフレーズにぴくっと反応した。







    ガチャとドアを開けると、








    アジアのリーダーが、うるうるとした目が僕を見上げてくる。






    「ヒョン、今の言葉本当?」



    彼はきょとん、と目を丸くする。




    「僕のいうこと、何でも聞くって。」




    怪訝ながらも僕が部屋から出てきたことがうれしくて仕方がないように、




    「うん!本当だよ。だから一人にしないで。」











    **************









    ヒョンの手が僕のベルトのバックルをガチャガチャとはずす。




    ボタンをあけ、ジッパーを引き下げ、下着の中からまだ静まったままのものを出した。





    片手でそれをもち、舌から迎え入れるように口内に咥えこんだ。




    一気に、生暖かさと快感が湧き上がってきて、目をつむり僕は息をのんだ。



    「……んっ」



    たっぷりと唾液をふくませながら、唇で根元までつつみ、今度は口をすぼませながら先まで吸い上げる。



    何度か往復を繰り返すうち、自分がどんどん昂ぶり、興奮していくのがわかる。





    「ん、ヒョン……気持ちいい。」



    素直に感想を口にした。



    僕のを咥えたまま上目づかいで僕を見上げてくる。



    その卑屈な表情が、そそる。





    履いていたジーパンも下着も剥いだ。





    「ん…んぅ……」




    喉をならしながら、濡れた音を立てる。




    部屋に卑猥な音が響く。





    時に裏筋を舐めあげ、潤んだ先端に舌を強めにくいこませ僕を攻めたてる。




    「はぁ……ん…。」



    快楽のため息を吐きつつ、ヒョンの頭に手をそえた。




    「服、ぬいで。全部。」




    くびれから先端部分をゆっくり吸い上げるように、唇を放したヒョンは、おずおずとシャツを脱いだ。



    筋肉で引き締まった、体が美しかった。



    ステージでライトを浴びて神々しく輝きながらリーダーを務めるヒョンが大好きだけど、僕の前でだけ見せる闇に浮かび上がるような白さを持つ、欲情の色も好き。



    「下も。」




    「う、うん。」



    自らベルトをはずし、ジーパンを脱いだ。



    残された下着の中の膨らみは彼の欲情を如実にあらわし、その中心には蜜のあとと知れるシミが出来ていた。



    ヒョンが恥ずかしそうに下を向く。



    「チャンミン…、あんまり……見ないで。」






    「僕のを舐めて、興奮したんですか?」




    少し強めの口調でいじわるく問えば、





    うるうるとした目で僕を見つめる。



    「だって……。」




    いつもそうやって僕を惑わす。




    愛おしさがこみあげてきて、顎をもちあげキスした。





    自ら下着を脱ぎながら、ヒョンも応えるようにすぐに舌を差し出し貪欲に粘膜を絡ませた。



    「ふぅ…んっ」


    どちらからともなく指を絡める。


    ひと時も離れるのがつらくて、しっかりつながっていたい。




    「ユノヒョン……してほしいな。約束したよね?」




    ふっくらとした唇から吐息を漏らし、困ったように眉を下げた。


    まだ、羞恥が欲情を支配しているのだろう。




    絡めていた指をほどき、ヒョンの右手をとって膨張した僕のものを掴ませた。





    ヒョン身体がぴくっと反応したかと思うと、




    「僕も……チャンミン、欲しい……。」



















    大きめのクッションに背をあずけている僕を、膝をついて跨ぐヒョン。




    いつもだったらありえない光景だ。



    ヒョンはSEXの時はいつも消極的だ。
    僕から動かなければ、なかなか進まない。



    それがもどかしくもあり、可愛くもあるのだけれど。




    でも今日は特別。

    なんでもお願いをきいてくれるんだから。



    僕のお願い。



    それは、ヒョンにシてもらうこと。







    「ヒョン、自分で挿れてみて。」



    「う、うん……。」



    ためらいながらも、ローションボトルからジェルをだし、自ら入口に塗り込めた。



    「っ……、はぁ…ああぁん……。」



    人指し指を差し入れピストンを繰り返しながら指を増やし、少しづつ慣らしていく。




    指が上下に動くたび腰が自然と揺れる。




    興奮を表すように、へそにつくほど反り返ったものの先端からはじわじわと先走りがあふれ出て、幹を伝った。



    目の前で繰り広げられている倒錯的な光景。



    一種の自慰行為とも見えそうなヴィジョンを見ながら思わず慣らすのを待たず、刺し貫きたい衝動に何度もかられたが、我慢した。


    せっかくの機会を逃せない。





    「はぁぁっ……」



    十分柔らかくなったところで、ヒョンは僕のを入口にあてがい、ゆっくりと腰をおろした。




    「っあぁ!!あああぁんっっ。」



    歓喜の声がヒョンの喉からこぼれた。




    のけぞり、快感に耐える彼の美しい喉元を、僕もまた、押し寄せるような快感に耐えながら堪能した。


    口も半開きで、ただ、湿った吐息だけが浅い間隔で漏れ続けた。





    「ぁああ…ヒョン。いい……。」



    僕は、腰を突き上げたい衝動と戦いながら、つぶやいた。



    「んぅ、チャンミン……。」



    僕の名を呼びながら、ヒョンは僕の胸元へ手を持ってきた。



    女性でなくとも、胸を触られるのは気持ちがいい。



    その中心の粒は特に。




    手のひらで胸全体を愛撫する手が、先端をとらえた。



    色の変わる部分を中心的に指の腹で強めに、ゆっくりとこする。
    ぷっくりと膨らんだ部分を確かめるように、上体を倒し今度は舌で舐めあげた。




    下半身からぞくぞくするような感覚が昇ってきた。





    「ぁはぁ……。ヒョン、いつそんなの覚えたんですか?」




    「チャ、チャンミンがいつもっ……、んっ、してくれてるよ。」




    そんなうれしい言葉をかけられれば、




    「ヒョン……。」



    また、愛おしさが次から次へと湧いてくる



    思わず、ぐぃっと腰を突き上げた。







    「はぁっ……!!、ダメ、チャンミンは動かないでっぇ……」







    どうやら、ちゃんと約束を守ってくれるらしい。



    こんな時すら律儀なヒョンが誇らしかった。




    「……だったら、ヒョン、キスして。」


    僕のリクエストにヒョンは、覆いかぶさるようにしてキスをしてくれた。



    口内をなぞるたび、ヒョンの中が僕をきゅぅっと締め付ける。



    その度僕は、喘ぎ声を喉の奥でやり過ごした。




    キスを終えると、ヒョンは今までの恥じらいが嘘のように腰を揺らした。



    縦横無尽に接続部をこすりつけ、僕を翻弄して追い詰めていく。



    普段なら絶対に見せない積極的な動きに驚きながらも、その扇動的な動きにいつもより早く絶頂が見えてきた。






    激しく動くその度、ヒョンのそそり立った部分がぷるぷると震える。






    僕はそれをゆっくり掴み、思い切りしごいた。




    「!!!あっ触っちゃダ、ダメぇ……ああああぁぁっん!!あっあっあっあっ……もぉっ……イク!!ぃイクぅっっ!!!」







    絶叫とともにビュッッ!!と勢いよく精液が僕の腹の上に散った。





    途端、ヒョンの中は異様な収縮を見せ、僕自身をつつんだ。


    激しいほどの快感の収縮に耐えれるはずもなく、




    「っ………!!ヒョン、出すよ……!!!」




    僕もまたヒョンの中にすべての欲望を吐き出した。





    自分の体が痙攣しているのがわかる。




    自分の快楽のすべてをヒョンの中に注ぎ込みたかった。








    「あぁ…ああ………ぁあぁ……あぁ」




    僕の上で、数度に分けて内璧に打ちつけられる感覚に、
    息も絶え絶え吐息を漏らす。




    達し、放出している間中、ヒョンは上体をのけぞらせてそのすべてを味わっていた。



    一度勢いよく散らしたあとは、白い液体がつーーっと伝い落ちていた。





    眉根を寄せて切なそうに息を継ぐ表情を、僕もまた同じ切なさに負けそうになりながら、ずっと見つめていた。












    **************















    「チャンミン……。」




    「なんです?」



    「……もう怒ってない?」



    僕の腕の中からの問いかけに、自分が数時間前までヒョンに対して腹を立てていたことを思い出した。




    こんな短時間で怒りを忘れてしまうくらい、良かったらしい。



    単純な自分に苦笑いするしかない。



    そして、こんなことで一生懸命僕の機嫌を取ろうとしてくれるヒョンになんだか申し訳なさすら、感じた。



    「ふふっもう怒ってないです。ヒョンが頑張ってくれたから……。またシて欲しいですよ。」




    「やっ……やだ。恥ずかしいから。」




    恥ずかしいから、と綺麗な手で顔を覆ってしまった。













    愛しても、愛しても満ち足りない気持ちをどうしたらいいのだろう。




    誰よりも近いのに、誰よりも必要としてくれているのに。




    それなのに届きそうで、届かない。




    顔を覆う手を取り、ぎゅっと握りしめれば、同じ体温で握り返してくれる暖かさ。







    もどかしい気持ちを手のひらに込めれば、








    ふと、僕を見つめる優しい瞳と目が合う。







    どんな絶望も、どんな希望も受け入れて自ら太陽のように輝く。




    少し微笑みながら、僕の大切な人は、ゆっくり眠りへ落ちた。





    そんな光に照らされながら、僕も目を閉じ眠りについた。








    END













    あとがき。





    いかがでしたでしょうか。


    そもそもこの話、何が書きたかったかというと、



    ユノにあの行為と、あの体位をしてほしかったというだけ

    いたって自己満足な小説です。


    あほですみません。


    そして作中、チャミ様を怒らせる原因となったTシャツ笑
    o0507028510252295498.jpg


    スターウォーズwww
    それはスタイリストさんセレクトなのか、私物なのか。

    私物だとなんだかチャミ様らしくてよいwww




    今後加筆修正を繰り返すとおもいますので、またのぞいてくださいね。









    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ





    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
    2012年03月22日(木)  22:59 by ai
     ✤ Comment






    1099:
    良い!!
    aiちゃん、素敵よ〜!!
    チャミのユノへの表現『太陽』がもう素敵過ぎて\(//∇//)\

    aiちゃんの小説読んでるとチャミの気持ちもさながらaiちゃんのユノへの愛もひしひしと感じる!!

    いや、本当ありがと♡
    みる ✤  2013/07/23 01:59 ✤  [編集]
    1100:Re: タイトルなし
    > みるちゃん、コメントありがと♡

    そうなの…。
    チャミも大好きで仕方ないんだけど、
    やっぱりユノが一番大好きでどうしようもないみたい(^_^;)

    自分のお話の中のチャミの思いは自分のユノへ思いなんだろうなと、
    最近気づいた(´ω`)今更ww
    ai ✤  2013/07/24 22:07 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/8-0b50486d

     ✤  BLOG TOP  ✤