Admin

    プロフィール

    ai

    Author:ai
    ユンホ、チャンミン。

    東方神起という名の、ホミンホに夢中です。

    o0318044911938519850.png


    さかのぼること、2011年3月下旬。
    人並みに友人の影響でした。

    最初に好きになったのはジェジュンです。
    歌声も人柄も、その笑い声も笑顔も……全部、大好きでした。

    けれど。
    今は応援できません。
    でも、嫌いにはなれません。
    そして、それだけです。


    その後、T liveでロン毛ユノに落ちました。

    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のチャミペン。

    誰よりも彼を大切に想ってる。





    それからはずぅっとずぅっとユノが大好きで…。
    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png




    本当に、本当に。



    大好きで……仕方ありません。


    2011年、a-nationに参戦し、
    初めて東方神起のライブに出会いました。

    漠然と東方神起って実在するんだと感じたのを覚えてます。


    その時のことは今も忘れられるはずもなく、
    ずっと心の中にあります。


    わたしの一番はユノしかいない!


    そう、確信しました。


    o0318044911938519850.png

    o0318044911938519850.png





    そして、その隣にいるのはこの先未来永劫にチャンミンしかいない!!


    と確信しました。


    あなただけが、ユノのそばにいて彼を本当の意味で支えてあげれる人。
    o0318044911938519850.png
    o0318044911938519850.png


    あなたは世界一のユノペンです。






    どんな瞬間、どんなに暗い道にも隣にいるのは彼だけだと。






    そして、ついに!!!!




    ミンホに目覚めました。
    o0318044911938519850.png


    (どーでもいいwwwMユノまんせー!!)




    腐った見方ばかりでなく、


    ただ単純に東方神起しか見えなくて。
    大好きで、大好きで、本当に大好きで。

    もう二人のことしか考えられなくて。





    わたしの体と心と時間とお金はすべて
    彼らに捧げると決めました。







    TOHOSHINKI

    are

    ユノ
    チャンミン




    ずーっと応援してる。
    ずーっと愛してるよ。

    本当に、本当に。


    東方神起ぜんぶ愛してる。








    アメブロプロフ






    ❤❤ブログ開設日:2012.3.13❤❤






    ☆ライブ参戦覚書☆

    ♡ 2011.8.6
    a-nation 2011
    海の中道海浜公園

    ♡ 2011.11.1
    「TONE」リリースイベント
    グランキューブ大阪

    ♡ 2012.2.11
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.2.12
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    マリンメッセ福岡

    ♡ 2012.3.4
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    広島グリーンアリーナ


    ♡ 2012.4.21
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.4.22
    LIVE TOUR 2012~TONE~
    京セラドーム大阪

    ♡ 2012.7.7
    Bigeast FANCLUB EVENT "THE MISSION"
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2013.4.2
    「TIME」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡ 2013.5.11
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.12
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    ナゴヤドーム

    ♡ 2013.5.25
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.5.26
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    福岡ヤフオク!ドーム

    ♡ 2013.6.5
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.6.9
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    京セラドーム

    ♡ 2013.8.17
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.18
    LIVE TOUR 2013~TIME~
    FINAL in NISSAN STADIAM
    日産スタジアム

    ♡ 2013.8.25
    a-nation 2013
    大阪市長居陸上競技場

    ♡ 2013.10.27
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION
    東京ドーム

    ♡2013.12.1
    東方神起ファンクラブイベント2013 "THE MISSIONⅡ
    神戸ワールド記念ホール

    ♡ 2014.3.27
    「TREE」リリースイベント
    大阪オリックス劇場

    ♡2014.5.3
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.5.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

    ♡2014.6.4
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡

    ♡2014.6.6
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    マリンメッセ福岡


    ♡2014.6.19
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.21
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム

    ♡2014.6.22
    LIVE TOUR 2014~TREE~
    京セラドーム


    2014.8.30
    a-nation 2014
    味の素スタジアム

    2014.11.02
    Bigeast FANCLUB EVENT
    インテックス大阪 5号館

    2014.12.06
    SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - in SEOUL
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.2.6
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.7
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.8
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    福岡ヤフオクドーム

    2015.2.20
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.21
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.2.22
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    名古屋ドーム

    2015.3.14
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.3.15
    東方神起LIVEツアー2015~WITH~
    京セラドーム

    2015.5.13
    TVXQ!SPECIAL ~LIVE TOUR -T1ST0RY- &…-!
    ソウルオリンピック内体操競技場

    2015.7.25
    SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition
    大阪京セラドーム
























    小説目次はコチラから↓

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー

    月別アーカイブ
    最新コメント
    現在の閲覧者様

    閲覧ありがとうございます

    全記事表示


    全記事表示

    カウンター

    Twitter(♥´・J・`)人(∵♥)

    ai < > Reload

     ✤ バスタイム
    Posted on 28.2012
    小説です。


    ミンホです。


    カテゴリーR18なので



    閲覧自己責任



    にて、よろしくお願いします。





    先日より、プロフィール欄に投票を設置していますが…

    ご協力ありがとうございます!


    お礼にとっておきのポロリ画像を…。
    o0395057312032699735.jpg



    今のところミンホ(R18)が一番人気で、次がホミン(R18)です。

    てゆーかみなさん…エロがお好きみたいで安心しましたww



    しばらくは設置しておくので、引き続きご協力よろしくお願いします。

    好きなお話など教えて頂けると、今後の参考になります!

    (ちなみに複数票可に設定してますので、何度でも入力できます。)






    さて、今回は素材なしで妄想しました。


    お風呂でいちゃいちゃするミンホ


    が書きたかった、ただそれだけです。


    ホミンは少し書いたことありますが…




    ほんと、ワタシはアホだなww






    リアルチングにはこのブログの存在を教えてないので、

    (変態はいても、腐は存在しないという悲しい事実…。)




    自由に私の趣味嗜好を披露してますww


    でも、ユノの巨乳好きと(私のセンイルにチングがプレゼントしてくれましたww)
    1339331272612.jpg

    乳首好き(特にチャミの)は多数のチングにばれてるww
    3698.png





    こんな私に引かずについてきてくださる方は、



    続きをよむ



    より、お入りください。




    健全な方は回れ右!








    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグルー<br />プへ



    一つ一つのポチがすごく励みになってます!ありがとうございます!
    カムバに向けて愛たっぷりで応援していきましょ































    「わー、大きいお風呂!」


    バスルームのドアを開けると、大人が十分にくつろげる真っ白の浴槽が目に飛び込む。

    そして、存在感たっぷりの大きな鏡がはめ込まれた洗面台。


    壁は大理石だろうか。


    明るい照明の下でも、しっかりと手入れが行き届いているのがわかる。





    「ほんとですね、でもヒョンの部屋にもついてますよ。」



    「さっき見たけど、こっちが大きい気がする。」






    「というかヒョン、せっかくそれぞれに部屋を取ってもらってるのにいつも一つの部屋使ってたら、
    スタッフさんに申し訳ないですよ。」



    ホテルに宿泊するときはいつも一人一部屋ずつを取ってもらうが、

    すぐにチャンミンの部屋に移動して、結局そのまま居座ることのほうが多い。


    それが当たり前になっている。





    それに…



    「だって…一人だったら寂しいじゃん。」




    「ま、別にいいですけど。」


    少し笑いながらベッドに横になった。




    海外での公演を終え、やっとホテルに帰ったのは深夜。

    僕たちを疲労感が襲っていた。






    この大きなお風呂でゆっくり癒されたい。




    「チャンミン、お風呂入ろう!」



    「ん~。後ででいいです。ヒョン、一人でどうぞ。」


    枕に顔を伏せたまま、つぶやく。




    「ダメだよ!寝ちゃうでしょ?」


    いいながら、コルクをひねり浴槽にお湯をためる。








    「チャミナ!」



    「…は~い。」



    完全にオフに切り替わったマンネの目はほとんど閉まりかけている。


    最近日本と韓国をハードに移動しているせいか、体力に自信のある僕たちもいささか疲れ気味だった。




    チャンミンの寝るベッドに歩みより、僕より少し大きい身体を起こす。





    「腕、あげて」


    素直に腕をあげるチャンミンのTシャツを脱がせる。



    ぐしゃぐしゃになった髪を梳いてあげながらそれをぽいっと放り、

    自分もシャツを脱いだ。




    チャンミンの手を引っ張り、脱衣所へと移動する。







    着ていた服を全部脱ぎ捨てて、浴室に2人で入った。


    「頭、洗ってあげる。そこに座って。」


    バスチェアに座らせてシャワーで髪を濡らし、たっぷりの泡でがしがしと洗う。





    「ヒョン、力入れ過ぎ…。もう少し優しくしてください。」


    「あ…ごめん。優しく、優しくね。」





    今度は丁寧にゆっくりとマッサージするようにすると、


    「…気持ちいいです。」






    「ふふ」


    褒めてもらって上機嫌の僕だ。



    「次は、僕も!」


    「はいはい…。」


    交代して今度は僕が椅子に座る。



    「目つむってください」


    言われたとおり目を閉じると、頭にシャワーの粒が降り注ぐ。



    そして、丁寧に洗髪してくれた。



    ちょうどいい力加減に思わずうとうとなりそう。



    なんでもこなせるマンネに感心していた次の瞬間、

    「うわ!」



    大量のお湯が僕を襲った。


    「ヒョン寝てたでしょ?」



    「だって、心地よくてつい…」














    ざぶん、とたっぷりのお湯に体を沈める。





    「やっぱり、浴槽が大きいと気持ちいいね。」



    「そうですね。」



    僕たち2人が足を延ばせる広さの浴槽なんてそうそうない。



    チャンミンは浴槽に背を預けて、僕は彼の足の間に収まり背を預ける格好でくつろぐ。


    「ほんと、疲れが取れていくようです…」


    呟きながら、僕の体に手を回して頭をその背中に乗せる。


    手を握り返しながら、重みが心地よかった。







    やがて、安らかな寝息が聞こえてくる。


    「寝ちゃった…。」


    ハードすぎる時間の隙間にできたこの瞬間を幸せに感じながら、僕も目をつむった。














    「…は。」

    いけない、僕まで寝てしまった。




    背後からは規則正しい寝息が聞こえる。





    「チャンミン~、早く上がろうか。」



    「う…ん。ヒョン、眠いです。」



    「じゃ、もうちょっと入ってる?」


    「はい…。」


    再び寝入りそうな声。





    「じゃ、先に部屋行ってるね。」


    「……僕を一人にして行くんです?」


    ぎゅっと腕に力こもる。





    「……やっぱ一緒にいる。」


    僕も離れるのが少し寂しかった。


    「ヒョンって優しい…」


    そういって背中にキスをする。




    「ん。」


    すこしぞくっとしながらも、

    「僕がヒョンだからね。」


    ごまかしながらのセリフ。





    「ふふ、知ってます。あと……、ここが弱いこととかも。」


    湯船の中の手が、胸の中心を狙う。




    「んん…。」



    小さな突起を少し強めに引っ張りながら、再び背中を舐められる。



    「ふ…ぁ」



    ぞくぞくと快感が体を駆ける。



    胸への愛撫も、両方に切り替わった。



    同時に転がされたり、つまんだりされるうちに硬く尖っていくのがわかる。



    「背中なら、跡つけても見えないですね。」



    ちゅっと強めに吸われると気持ちよくて、ぶるぶると体が震える。


    「は…ぁっチャミナ!眠いんじゃなかったの?」



    「すごく眠いです。でも、ヒョンのここが触ってほしそうだったから。」



    言いつつ、足の間に手を入れられた。



    「あ…っ」


    湯船の中で、兆しつつあるソコを掴まれる。


    ゆるくしごかれるだけで、声が漏れる。


    「…はぁ…んん」


    自分のはしたない声が浴室中に反響して、余計に恥ずかしい。




    「ヒョンがあんまり可愛い声出すから、僕のも…」


    ぐいっと腰に当てつけれたのは、すでに芯をもった熱い欲望の塊。


    「あっ………。だって…」


    その感触だけで欲情している。







    僕の背中を味わっていた熱い舌はゆっくりとうなじをたどり、耳へ移動する。

    かぷっと耳たぶを甘噛みされて、身体はどんどん高まっていく。



    「や…ぁ」


    耳を噛みながら、手は相変わらず上下に動かすのをやめない。



    「んん…、ぁあ」



    少しお尻が浮いたすきを狙って今度は、まだつぼんだままのそこに指をあてられた。


    ぐりぐりと入口をほぐしただけで、飲み込むように指が飲み込まれる。




    「……あぁぁ!」


    思わず、チャンミンの腕をつかんだ。


    「痛いです?」



    「ううん……もっとシて。」




    返事をせず、ずぶずぶと奥まで進んでいく。

    指を一本、二本と増やして、規則的に抽挿を繰り返す。




    「はぁん!……はぁっ、」



    響き渡る自分の嬌声さえも、今は快感を煽るものでしかなかった。




    僕の中の勝手を知る指は、弱いスポットを的確に探し当て、

    執拗に攻撃を繰り返す。









    「ん…!はぁぁ……んん」






    その間じゅう、腰に当たる彼自身の存在が気になって仕方がなかった。






    すぐにでもソレが、欲しい。





    たまらず、くるっと体を90°反転させて大好きなマンネと目を合わせる。


    大きなバンビの瞳と視線が絡まる瞬間、首に腕を回して思わず唇を食んでいた。




    「んん…」



    疲れをすべて吹き飛ばす魔法のキス。


    濡れた髪に手を差し入れられる。




    舌を入れる角度を変える度に、お湯がゆらゆらと波打つ。








    「んはぁ…チャミナ、もっとキスしたい」




    「舌出して。」



    いわれるがまま、素直に差し出す。



    そのまま唇で挟み込まれ、口淫のように抜き差しされる。



    性器を咥えられているような錯覚に陥り、腰がぐらぐらと揺れる。



    「ん…ふ…ぁ」



    「んん…」



    手を伸ばすと、反り返る彼自身に指が触れる。


    愛おしい気持ちがあふれ出て、手のひらで包んだ。


    口内を犯されながらも、僕の手は優しくマッサージを続ける。




    根元の双果も同時に転がすと、

    「ふ…っ」

    熱い息が漏れだした。






    「ね?もう…」




    「ヒョン、立って。」


    手を引っ張られて2人して立ちあがる。





    大理石の壁に体の前面を押し付けられ、


    そして、性急に待ちわびたものをねじ込まれた。





    「ああああ……っ!」


    「は…ヒョン…っ」




    指で広げてもらっていたおかげで圧迫感は少なかった。


    代わりに、何度味わっても慣れない強い快感が激しく押し寄せる。




    「はぁ…はぁ…」



    根元まで収めた後はなぜか動かず、再び背中にキスを浴びる。






    「ん…」




    「足、上げて下さい。」

    右の太ももを掴まれて足を広げさせられ、ぐいっと浴槽の縁に乗せさせられた。

    そうすることで、より深く侵入を許すことになる。




    「ああ…ああ!」




    いつ満たされても、やっぱり気持ちいい。

    隙間のような体の一部が、つながることで満ちていく。





    「…っ!あぁ…!」


    最奥まで突き上げられた。


    腰をグラインドさせ、その先端で一番弱いスポットをぐりぐりと責められる。







    「い…ぁ…んん!」



    磨き上げられた壁に爪を立てる。


    いれられたばっかりなのに、もうイきそう。


    それを感じ取ってか、動くのをやめてしまった。




    「…ぁ?」


    後ろが切なくて、きゅうっと中が催促しているのが自分でわかる。





    「ユノヒョン?イク時は一緒です。」


    「はい…。」




    そして、次の瞬間には絶頂にむけて急激に突き上げられていた。




    「ぃやぁ……っあああ…ん!!ああ!」




    肌のぶつかるリズムに合わせて、ばしゃばしゃと水が跳ねる。


    自分で抑制できないほどに、声がとめどなくあふれる。




    その声がわんわんと響き渡って、自分がいかに感じているかを

    無理矢理突きつけられているようで興奮する。




    「チャミナぁ!!…んぁああ!」


    さっきまで眠いとだだをこねていたマンネとは別人のような動きに、

    あっという間に悦楽の淵に連れて行かれる。




    「も…だめぇっー…!!」


    びくっと体が大きく震えて、どくどくっと先端の切れ込みから白濁があふれ出す。


    それと同時に大きく腰を引いて、その勢いで深く貫かれたのを感じた。







    「「ああぁーーー!」」



    僕たちの声が協和音のように浴室に響きわたった。














    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






    「はぁ…はぁ…」




    頭を寄せられて、浅く息をもらしながらもう一度キスをする。



    「ん…ふ…っ」






    足から崩れ落ちるように座り込み、体をお湯に沈めて放出の余韻に浸る。





    先ほどと同じように、僕の体に抱くように手を回して、


    「ヒョン~。」


    「何?」


    「ただ、呼んだだけです。」




    「なにそれ。」









    「ユノヒョン……。」


    そして、再び僕の背中で小さな寝息を立て始めた。

















    END




















    あとがき。








    やっぱり妄想素材がないと話が広がらないなww


    とか言いながら正直楽しかった(*´д`*)アハァ



    最後の会話は土壇場で後付けしたんですけど、

    何の意味もなさないような会話が実は彼らにとっては大事なコミュニケーションなのかな、



    と都合のいい妄想をしました。





    加筆修正繰り返すと思うので、また遊びに来てくださいね!










    こちらに参加してます。
    よろしければポチお願いします。

    FC2ブログランキング

    にほんブログ村
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
















    cetegory : ミンホ小説(R18)  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
    2012年08月28日(火)  10:10 by ai
     ✤ Comment






    193:
    文章の書き方とか、2人の言葉使いとかが
    なんっか好きです(^-^)(^-^)

    更新楽しみにしてます♪
    (∵) ✤  2012/09/05 00:03 ✤  [編集]
    196:Re: タイトルなし
    > (∵) 様
    はじめまして、ai と申します。
    コメントありがとうございます!
    HNが可愛いですね(*´∀`*)

    お褒めの言葉頂いて嬉しいです!
    これかも頑張って更新していくので、また遊びに来てくださいね!!
    ai ✤  2012/09/05 22:03 ✤  [編集]
     ✤ Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://duet212.blog.fc2.com/tb.php/93-3056386d

     ✤  BLOG TOP  ✤